【RIZIN】朝倉未来公開練習「過去の選手がやってこなかったことを俺が合わせる」

5月27日(木)、6月13日の東京ドーム大会「RIZIN.28」でクレベル・コイケと戦う朝倉未来が、都内の所属ジムにて公開練習を行い、未来はミット打ちを披露した。 現在、未来は、日本屈指の強豪グラップラー岩本健汰との練習や、新たに取り入れたラントレ、レスリングのトレーニングに取り組んでいるが、一番進化した点を「極められにくさ」だと分析し、「あまりテイクダウンされない自信がある。寝技が得意なのも分かっているので対策もしっかりしている」と話した。様々なトレーニングにより、以前よりコンプリートファイターに近づいた実感はありますか?との問いには「今回の対戦相手がクレベル選手なんでそんなに、自分からテイクダウンをする練習はしていないので、そのへんの実感はない。打撃のキレが上がっているのと、打撃のレベルが上がっているのは実感している」と答えた。 いつも、対戦相手の分析をすることで知られている未来は、クレベルの試合を「1,000回くらい見ている」と今回も研究していることを明かし「過去の選手がやってこなかったことを俺が合わせる。試合を見ていて、これならできるんじゃないかという。立った状態でスパーリング相手に試したら全員に入った」と秘策があると自信を見せた。また理想とする試合展開については「判定勝ち。テイクダウンを一度も取らせずに、打撃で優勢に。相手がいつものように踏み込んできたときに入る感じです」とテイクダウンをされないと強調した。 最後にファン、特に子どもへのメッセージは「試合は必ず俺が勝ちますので、応援よろしくお願いします。子どもの方に向けて、結構今って、いろんなYouTubeとか動画が出回っていて、みんな簡単にコメントとか匿名でできるけど、挑戦してる人を笑う風習があって、挑戦している僕からすると、挑戦している人を笑ってる人を、僕は逆に笑っているんで、みなさんも自分で挑戦して、笑うやつを笑う側にいて欲しいと思います」と常に挑戦し続けている未来が、熱いメッセージを送った。

【RIZIN】朝倉未来公開練習「過去の選手がやってこなかったことを俺が合わせる」

5月27日(木)、6月13日の東京ドーム大会「RIZIN.28」でクレベル・コイケと戦う朝倉未来が、都内の所属ジムにて公開練習を行い、未来はミット打ちを披露した。 現在、未来は、日本屈指の強豪グラップラー岩本健汰との練習や、新たに取り入れたラントレ、レスリングのトレーニング...