【RIZIN】クレベル・コイケがシバターと対戦~最後はサトシとシバターがRIZINのベルトをかけ、戦うことを約束

6月13日(日)に、MMAでは18年ぶりの東京ドーム大会にて「RIZIN.28」が開催され、クレベル・コイケがメインに登場。日本トップの実力を誇りYouTuberとしても成功している朝倉未来と対戦し、見事な三角絞めで未来を絞め落とし勝利した。 この勝利後、YouTuberのシバターが自身のYouTubeチャンネルにて、クレベルに向け「クレベルコイケ!俺と戦え!」という動画を投稿した。これを受けクレベルも自身のYouTubeチャンネルで「わたしヨーロッパのチャンピオンだよ。ヨーロッパのファイターでも何人もボコボコにしたよ。あなたをボコボコにするのもっと簡単だよ。ほんとうに試合やりたい?」と言うと、いきなり勢いよく自分の電話番号を言い始め(ピー音あり)なおも「かかってこいよ!いつでもどこでも、わたしあなたを待ってるよ。あなた逃げれないよ!OSS!」挑発している。 クレベルはYouTuberで、恩師の山田代表のアラバンカ柔術アカデミーでホベルト・サトシとマルキーニョス・ソウザと子供たちの前でデモンストレーションをしていた。ところがデモンストレーションが終わり挨拶をしているところに突然シバターが乱入し、「おい!クレベル・コイケ、YouTube見たぞ! YouTube始める時は、このシバターの許可がいるんだよ! まずはシバターと戦ってからYouTubeを始めるんだよ」とわめき散らした。クレベルは「さっさとやってやるよ!」と応戦。なおも、MMAで戦うとわめき散らすシバターに山田代表は「柔術の道場なので道着を着るならOK」と柔術マッチならOKと許可する。 試合の詳細はシバターのYouTubeチャンネルと字幕が流れ、クレベルのYouTubeチャンネルでシバターが負けたことをほのめかすと、シバターはホベルト・サトシとマルキーニョス・ソウザと対戦し、立て続けに一本負けするも「3人とも道着なしなら勝てる」と言い切る。クレベルは「絶対勝てないよ」と言うが、あきらめないシバターに対して、今度はサトシが「RIZINでも3人でもタイトルマッチでも受けて立つ」と提案。シバターは「本当だな!RIZINでベルトをかけてやろうな」と言うと、最後はサトシとがっちり握手した。 クレベルの動画はこちら シバターの動画はこちら

【RIZIN】クレベル・コイケがシバターと対戦~最後はサトシとシバターがRIZINのベルトをかけ、戦うことを約束

6月13日(日)に、MMAでは18年ぶりの東京ドーム大会にて「RIZIN.28」が開催され、クレベル・コイケがメインに登場。日本トップの実力を誇りYouTuberとしても成功している朝倉未来と対戦し、見事な三角絞めで未来を絞め落とし勝利した。...