【RIZIN】クレベルが未来戦で叫んだ言葉「Vou pegar (ヴォウ ぺガール)Não vim para brincar」

6月13日(日)に、MMAでは18年ぶりの東京ドーム大会にて「RIZIN.28」が開催され、クレベル・コイケがメインに登場。日本トップの実力を誇りYouTuberとしても成功している朝倉未来と対戦し、見事な三角絞めで未来を絞め落とし勝利した。 クレベルは試合前のインタビューでカイル・アグォン戦でフィニッシュする時に何と叫んでいたのですか?と問われ「Vou pegar!!!(ヴォウ ぺガール)」だったと明かしていた。 では、今回の朝倉未来戦の三角絞めのときには、何と叫んでいたのか?ブラジル人にも聞いてもらい確認してみた。しかし、かなり聞こえ辛く、どうしてもわからないところはクレベル本人にも確認してみたが、覚えていないとのこと。よって、完璧な確認結果ではないが、ポルトガル語についても少し解説したい。 ■言葉&だいたいの発音 Vou pegar(ヴォウ ぺガール) Vou pegar(ヴォウ ぺガール) acabou(アカボウ) ? Não vim para brincar(ナォン ヴィン パラ ブリンカール) apaga(アパーガ) apaga(アパーガ) apaga(アパーガ) aqui(アキー) aqui(アキー) dormiu(ドルミウ) ■意味 Vou pegar(ヴォウ ぺガール)は以前も説明したが、 vouはir 動詞(行く)の現在一人称単数形だが、 「ir+動詞の原形」の形で未来をあらわす。 pegar(動詞)の主な意味は、受ける、捕まえる、つかむなどなど。極めるにも使われることがある。なので直訳すると「(わたしは)極める!!!」となる。 acabou(アカボウ)は「終わった」 Não vim para brincar(ナォン ヴィン パラ ブリンカール)「(わたしは)遊びに来たんじゃない」 apaga(アパーガ)の主な意味は削除するや、消える。スラングで意識を失うという意味もある。 aqui(アキー)は「ここ」 dormiu(ドルミウ)は「寝た」、この場合は「おちた」に使われている。

【RIZIN】クレベルが未来戦で叫んだ言葉「Vou pegar (ヴォウ ぺガール)Não vim para brincar」

6月13日(日)に、MMAでは18年ぶりの東京ドーム大会にて「RIZIN.28」が開催され、クレベル・コイケがメインに登場。日本トップの実力を誇りYouTuberとしても成功している朝倉未来と対戦し、見事な三角絞めで未来を絞め落とし勝利した。...