【ONE】エディ・アルバレスが試合を終え、舞台裏で思わず涙

4月8日(木)、シンガポール・インドアスタジアムで「ONE on TNT I」が開催され、コ・メインのライト級MMAマッチでユーリ・ラピクスとエディ・アルバレスが対戦し、アルバレスの反則の後頭部へのパンチにより、アルバレスが反則負け。全米放送されたONEのこの試合は予期せぬ結果となった。 アルバレスは元UFC・ベラトール世界ライト級王者。ラピクスは昨年の10月に、王者クリスチャン・リーとタイトルマッチを行い 1R TKO負けで王座獲得に失敗している。 試合を終えたアルバレスは舞台裏で思わず涙し、しばらく動くことができなかった。 アルバレスは試合後のインタビューで「ラピクスの健康が、今のところ本当に最も重要だ」と話し、続けて「健康の問題が落ち着いたら、ONEと話さなくてはならない。あれはDQ(反則)であるべきじゃなかった。最終決定を下した人は誰でも間違いを犯す。俺はそれを元に戻すように敬意を表して努力する。誰とも喧嘩したくないし、誰も怒りたくない。ただすべてを元に戻して見てもらいたいくて、真実が欲しいだけ。真実が欲しいだけなんだ」と話した。

【ONE】エディ・アルバレスが試合を終え、舞台裏で思わず涙

4月8日(木)、シンガポール・インドアスタジアムで「ONE on TNT I」が開催され、コ・メインのライト級MMAマッチでユーリ・ラピクスとエディ・アルバレスが対戦し、アルバレスの反則の後頭部へのパンチにより、アルバレスが反則負け。全米放送されたONEのこの試合は予期せぬ...