【ONE】「ONE:COLLISION COURSE II」池田仙三 MOMOTARO共に勝利を収める

12月25日(金)シンガポール・インドアスタジアムで事前収録された「ONE:COLLISION COURSE II」が配信された。ともに見事勝利を飾った両選手の試合後コメントが主催者より届いた。 初のONE本戦をむかえるリャン・フイと対戦した仙三は、ボディ、ヒジ、ヒザを駆使して3戦目にして念願のONE初勝利を手にした。 ■池田 仙三 コメント ――この試合/大会を終えての感想をお願いします。 「かなり厳しい試合でした。1Rの1分?初めに打ったワンツーで拳が折れてしまい痛みで感覚がなくなりヤバイと思いちょっと考えていたらペースを持ってかれました。1Rが終わり、”やられたなこのままじゃ負ける”そう思いました。 2Rからいくしかないと思いましたが、体と足に力が入らなくて”これは本当にヤバイ”と思い、そこからは気持ちでいくしかないと思い必死に戦いました。自分のやりたい事、仲間と練習してきた事ができなかったし、想像していた展開にもならなかったし、何とか勝った、ギリギリの試合だったと思います。反省点ばかりです。終わった直後は嬉しさより悔しさがかなりありました。今回負けたら終わりだと、引退だと思っていましたので、今は勝った事、次に繋げられた事を褒めてあげたいと思っています」 ――実際に戦ってみて相手はどんな選手でしたか? 「ケージに上がりはじめた時、顔を見て全体を見て強そうだと感じましたが、1R戦ってそのとおりだと感じました。タフだし力が強い、また気持ちも強い勝ちにきている、この試合にかけてきている、強いなと感じました」 ――この試合の勝因は何だと思いますか? 「気持ちだと思います。2Rからは体も足も動かなくて、気持ちで押されたら負けると思い必死でした。気持ちで絶対に負けるな、前に出るんだと自分に言い聞かせました。苦しかったですが、絶対に勝つんだと思い前に出続けた事が勝利に繋がったと思います」 ――試合前のインタビューで相手のことはあまり知らないとおっしゃっていましたが、実際に試合に入って、どんな戦略で戦いましたか? 「1Rは足を使って、後半は自分からガンガン倒しにいこうと思っていましたが、やられて全部吹っ飛びました。2Rからは、力が入らなくなっていたので、左のパンチとジャブをとにかく出していこう、あとは強いパンチも打てなかったので、前に出て肘や膝を使って戦おうと思っていたと思います。 途中ボディーを打たれて相手が嫌な感じを出したような気がしたので、ボディーを攻めようと思ったような気がします。組み寝技に関しては、ティクダウンも強かったので倒されたらいいポジションを取らせず、すぐ立ち上がり削ろうと思っていたような気がします。自分がいいポジション取れたら攻めて決めにいこうと考えていたと思います」 ―― ONEで次は誰と戦いたいですか?今後の目標は何でしょうか? 「いつでも誰とでも戦います。あとどれくらいできるかわからないので、全てをかけていこうと決めています。自分の中で40歳までにONEでチャンピオンになろう、ベルトを取ろう、そう決めています。その為に全てをかけようと思っています。来年は、全勝して再来年にONEのベルトを取る、そう思っています」 元WBCムエタイ・インターナショナル・フェザー級王者のMOMOTAROはブラジルのボルター・ゴンサルベスと対戦。2Rにお互いのキックが交わったところでゴンサルベスが試合のストップをアピール。レフェリーは試合をとめ、相手の負傷によりMOMOTAROがTKO勝利した。 ■MOMOTARO コメント ――1Rを終えて、2Rはどんなプランで戦おうとしていましたか? 「1Rの後半から自分の攻撃が当たりだしたので、ローや変則な攻撃で距離を詰めながら、パンチの距離を探って当てにいく予定でした。1Rで距離を詰めた時に、パンチの打ち合いでも、首の展開になっても大丈夫だと思ったので」 ――実際に戦ってみてのボルターの印象を教えてください。 「ミドル、三日月蹴りの攻撃力には面食らいました」 ―― ボルター選手と試合の前後に会話はありましたか? 「 話す事はなかったのですが、戦う前に向き合った時や、ラウンドが始まって手を合わせに来る時の彼の礼儀正しさは素敵でした」 ――この試合、大会を終えての気持ちを教えてください。 「1Rに鼻血を出してしまい、印象の悪いまま試合が終わってしまったので、とても複雑な気持ちですが、次戦に向けて切り替えます」 ――次は誰と戦いたいですか? 「ジョナサン・ハガティーです」

【ONE】「ONE:COLLISION COURSE II」池田仙三 MOMOTARO共に勝利を収める

12月25日(金)シンガポール・インドアスタジアムで事前収録された「ONE:COLLISION COURSE II」が配信された。ともに見事勝利を飾った両選手の試合後コメントが主催者より届いた。 初のONE本戦をむかえるリャン・フイと対戦した仙三は、ボディ、ヒジ、ヒザを駆使...