【Bellator】Bellator 258:アーチュレッタ vs. ペティス開催~いよいよ堀口恭司の次期対戦相手が決定=5月7日

5月7日(金)(現地時間)米国コネチカット州アンカスビル・モヒガン・サン・アリーナにて「Bellator258」が開催される。メインではバンタム級王者フアン・アーチュレッタが挑戦者にセルジオ・ペティスを迎え初防衛戦に挑む。以前から堀口と対戦したいと公言してきたアーチュレッタは、堀口恭司がRIZINバンタム級王座を獲得したことを受け、堀口とのダブルタイトルマッチを希望していたが、まずはBellatorでの防衛戦に挑む。アーチュレッタの初防衛戦の相手のペティスは、元UFCライト級王者のアンソニー・ペティスの弟。ペティスはUFCで活躍し、最高ランキングはフライ級の1位。昨年1月からBellatorに参戦し現在2連勝中。RIZIN榊原CEOは"このタイトルマッチの勝者と堀口恭司の試合をラインナップしてもらいたい"とBellator代表スコット・コーカーに働きかけていることを今週、明かしている。 最後のライトヘビー級ワールド・GPのトーナメント1回戦として、アンソニー・ジョンソン vs. ジョゼ・アウグストも行われ、元UFCファイタージョンソン がBellatorデビュー戦を飾る。ジョンソンはヨエル・ロメロと対戦予定だったが、ロメオは目のケガによって試合前のメディカルテストをクリアできず欠場することになった。 175ポンド契約の試合では、マイケル・"ヴェノム"・ペイジとデレク・アンダーソンが対戦。MVP(ペイジ)はウェルター級2位。アニメなど日本カルチャーが好きなペイジはスコット・コーカーに日本行きを直訴し、2019年12月29日のBELLATOR JAPANに参戦。元UFCファイターの安西信昌と対戦し、KO勝ちを収めている。戦績は18勝1敗でこの1敗は現ウェルター級王者ドゥグラス・リマとの対戦によるものとなっている。 対するデレク・アンダーソンは同ランキング6位。戦績は17勝3敗で現在3連勝中。 アンダーソンはキャリアのほとんどをライト級で過ごしていたが、2019年にウェルター級に階級を上げ、ギリェルメ・ヴァスコンセロスと対戦。3-0の判定勝ちを収めている。 2020年は11月の「Bellator 251」で一度だけ試合をし、サッカーボールキックでキリス・モタをノックアウトした。 RIZINライト級GP 2019で激闘をみせてくれたパトリッキー・“ピットブル ”・フレイレとピーター・ケアリーはライト級で対戦。パトリッキーはライト級ランキング3位。戦績は23勝9敗。対するアイルランドのケアリーの戦績は12勝5敗1分。 パトリッキーは昨年10月15日に米国コネチカット州アンカスビルのモヒガンサン・アリーナにて開催された「Bellator 249」でジャリール・ウィリスと対戦予定だったが、ロッカールーム入り後に、体調不良により直前に試合をキャンセルした。パトリッキーの内耳炎は持病で、大会当日に症状が出たのは初めてだったと報告していた。このように盛りだくさんの大会に注目が集まっている。

【Bellator】Bellator 258:アーチュレッタ vs. ペティス開催~いよいよ堀口恭司の次期対戦相手が決定=5月7日

5月7日(金)(現地時間)米国コネチカット州アンカスビル・モヒガン・サン・アリーナにて「Bellator258」が開催される。メインではバンタム級王者フアン・アーチュレッタが挑戦者にセルジオ・ペティスを迎え初防衛戦に挑む。以前から堀口と対戦したいと公言してきたアーチュレッタ...