検索
  • newshexagon

【RIZIN】元谷友貴公開練習「自分がDEEPだと思っている」

6月5日(土)、6月13日の東京ドーム大会「RIZIN.28」で行われる「RIZIN JAPAN GRAND-PRIX 2021 バンタム級トーナメント」の1回戦を現修斗世界王者 岡田遼と戦うDEEP代表 元谷友貴が都内のジムにて公開練習を行い、二重跳びと30秒のシャドーを披露した。


公開練習のあと、自ら「自分がDEEPだと思っている」と話す元谷は、その意味を「自分がDEEPでずっと闘ってきて、DEEPの選手としてRIZINにも出て、凄くDEEPの選手だと自分では思っているので、その気持はある」と説明。現修斗世界王者 岡田との対戦についても「DEEP対修斗だと思うので、しっかりDEEPが勝ちたいと思う」と宣言。


その岡田については「何でもできる選手。あんまり相手のいい流れにならないように気を付けている」と警戒し、岡田が元谷より優っている点として「相手の嫌なところで闘い続けられる性格の悪さ」を挙げたことについては「性格、それが悪いとは思わないですが、対戦相手としては嫌な所。相手は頭脳戦をしてくると思うので、本当に頭脳戦になるかも分かんない」と警戒を強めた。


コンディションはすごくよいと話す元谷にとっての、トーナメントの一番のモチベーションについては「トーナメントなので、優勝すれば全部今までの負けもひっくり返せると思っている。すごく楽しみだなと思っています」と胸の内を明かした。

(C)RIZIN FF

2回の閲覧