検索
  • newshexagon

ジョニー・ケースが“Hollywood ”と呼ばれるようになった理由 大晦日直前コラム

RIZINを離れ、現在はPFLシーズン開幕にむけ準備中のジョニー・ケースのニックネームは“Hollywood ”。

ケースは米国アイオワ出身でラスベガス在住。Hollywoodはカリフォルニア州のロザンゼルスにある地区。Hollywoodにゆかりのないケースになぜ、Hollywoodのニックネームがついたのか。


PFLの2021開幕は2021年4月23日のため、ケースはどうしても今年の大晦日のRIZINに出場したくて、RIZINに参戦を直訴したと話した。しかし日本へ入国するビザの取得が困難ということで出場を断念し、現在もトレーニングを続けている。


PFL2020年シーズン試は合は行われず、PFL2019年女子ライト級覇者ケイラ・ハリソンも11月20日の「Invicta FC 43」や12月17日「Titan FC66」で試合をしていた。

「ファイトが好き、なのではなく愛している」「日本で試合をするのが好き。日本のMMAファンはMMAのことをよく知っているし、とても素晴らしい」と言っているケースも日本でまた試合がしたかったのかもしれない。


(C)RIZIN FF

「わたしの叔父がわたしが最初の2つのアマチュアの試合で、ハイライトのような30秒ほどで勝った試合のあと“Hollywood ”ってニックネームをつけてくれたんだ。わたしのルックスのことも含めて“Pretty boy ”(かわいい男の子)は、戦うたびにお客さんを楽しませるってね。

わたしの試合は全部がハイライトのダイジェストみたいなものだし、加えてエキサイティングなファイトスタイルだしね(笑) こういうファイトスタイルはお客さんを楽しませる。

だから“Hollywood ”というニックネームをつけてくれたんだ。ちなみにHollywood はロサンゼルスで映画スターが住んでいるところだよ」


58回の閲覧

最新記事

すべて表示
  • facebook
  • Twitter
  • Instagram

© 2020 Hexagon News

logo01.png