検索
  • newshexagon

【UFC】ダスティン・ポイエーはニックネーム「ジ・ダイヤモンド」を守るように努力している

1月の「UFC 257」でコナー・マクレガーにTKO勝ちしたダスティン・ポイエーのニックネームは「ジ・ダイヤモンド」。ポイエーがこのニックネームを守るように、努力していることを「Sportskeeda」が報じていた。


ポイエーはティーンエイジャーの時、ストリートファイトに明け暮れ、その結果ポイエーはトラブルの多さにより、学校を中退することを余儀なくされた。この後、ポイエーはMMAに全力を注ぎ、並外れたタフさを発揮することでMMAのキャリアをスタートさせた。2009年プロに転向すると、ポイエーはルイジアナの地元の大会で戦利品を集めようとした。また、ポイエーは激しい試合をする傾向があった。


良い例は昨年6月のダン・フッカーとの試合だろう。「The Diamond」は攻撃し続け、その夜に実現した絶対的に激しい試合から、後退しなかった。


フッカーとの戦いでは、ポイエーがフッカーに必要なすべてのものを放ち、フッカーもまったく同じことをした。両方のファイターは執拗に圧力をかけ、ポイエーは戦略を打ち倒し、圧力をさらに上げ、打たれた後、より強くなってリカバリーした。多くの偉大ファイターは、精神的および肉体的に、疲れ果てた試合の最中にあきらめてしまうこともあるが、ポイエーはただただリカバリーし、より良い状態になっていった。よく知られているように、ダイヤモンドは圧力下で形成される。


ポイエーのタフさと、膨大な数の攻撃を繰り出す能力は、ポイエーの丈夫なあごが物語っている。しかし、ポイエーはキャリアの中でこの能力を失った時期があった。ポイエーはフェザー級に階級を落とした時、ポイエーの攻撃能力は大きく影響を受けた。しかし再びライト級に戻り、ポイエーはこれまで以上に強く、ライト級戦線を席巻した。



21回の閲覧