検索
  • newshexagon

【UFC】マイケル・チャンドラー、UFC262試合後インタビュー「わたしはまだワールドクラスのファイターだよ」

5月15日(土)(現地時間)米国 テキサス州ヒューストンのトヨタ・センターにて「UFC 262: オリベイラ vs. チャンドラー」が開催され、空位のライト級王座の座をかけ、UFC11年目のチャールズ・オリベイラとUFC歴2分半のマイケル・チャンドラーが激突し、オリベイラがTKO勝ちにより、新ライト級王者に輝いた。


チャンドラーは試合後のインタビューに出席し、言い訳をせずに敗北を振り返り「自分がいるはずの場所にいる気がする」と笑顔を浮かべた。続けて「まだ借りた時間で、戦っているような気がします。自分のキャリアでここに辿り着くとは思わなかった瞬間があるし、ドアが開くと思ってみなかった瞬間もある。ドアが開くとは思ってもみなかったけど、今は開いています。わたしのUFCの最初の試合は、最高の中の最高でしたしね」と長年Bellatorで戦ってきたチャンドラーは胸の内を話した。


また、「チャールズ・オリベイラはワールドクラスで最低値ではない。UFCタイトルを目指して戦うことは、世界クラスのチャンスです。しかし、わたしの息子が知っているように、すべての若い男性は倒れますが、すべての若い男性は立ち直ります。明日は太陽が昇るでしょう。ベルトなしで家に帰るとき、説明が必要だけど、そのことについて理解できています」と世界最高峰の戦いについて語った。


さらに「このスポーツは素早く動いていくし、わたしはまだワールドクラスです。次の誰かがわたしを再び、タイトル争いにラインアップしてくれます。わたしは彼らに勝ち、トップ5の誰にでも勝つことができると信じているので、どうなるか見ていきます」と再起を誓った。

(C)UFC

37回の閲覧