検索
  • newshexagon

【UFC】リッキー・シモン フェザーでも勝利し3連勝 「この先はバンタム級にとどまるか。俺はバンタム級で戦いながらフェザー級にも上げられる」

2月13日(土)(現地時間)米国 ネバダ州 ラスベガスのUFC APEXにて「UFC 258」が開催され、フェザー級でリッキー・シモンとブライアン・ケレハーが激突した。


この対戦は昨年9月に組まれていたが、シモンのセコンドが新型コロナウイルス陽性となり欠場し、2021年1月の機会は、今度はケレハーの陽性反応により試合が流れていた。


やっと実現した試合は、絶えず動きを止めないシモンが判定で勝利し、3連勝目を飾った。


シモンは試合後に「最高だね。昨年、ブライアンとオンラインでやりあって、“このクレイジーなときに、バンタム級で階級を上げて戦いたいヤツっているのか?”という話になり、俺は太っていたから、“俺だよ! やろうぜ!”って言ったよ。何度か試合が流れたけどね。一度は俺のせい、もう1回はセコンドの1人が(新型コロナウイルス感染症で)陽性結果になって、その後は向こうが陽性だ。ようやく試合が実現できてうれしい。正直、階級を上げるのはずっと罪悪感があって。ちょっと変な感じだった。計量のあと、飢えたかんじもなかったし、喉の乾きもなかったから、たくさん食べる必要もなく、すごくいい気分で試合に臨めたんだけど、いろんな助けがあったおかげで今があるから、本当に感謝している。もしまたバンタム級の試合があればもう一度やるけど、このフェザー級がどうなるか見てみたい。マックスがどれだけのものなのかね。バンタム級にとどまるか、少なくともバンタム級で戦いながらフェザー級にも上げられる。俺は何があろうとも、いつだってトレーニングしている。トレーニングキャンプをするタイプじゃない。ジムでノンストップの練習に励んでいるから、今年はそうだね、あと3回ってところかな」と話し、練習でもノンストップであることと、今後の階級について話した。

(C)UFC

7回の閲覧
  • facebook
  • Twitter
  • Instagram

© 2020 Hexagon News

logo01.png