検索
  • newshexagon

【UFC】ジュリアン・マルケス 復帰戦で一本勝ち「最高の復帰戦になったと思う。たくさんの試練を乗り越える必要があったけれど、全て今日の試合で報われたと思っている」

2月13日(土)(現地時間)米国 ネバダ州 ラスベガスのUFC APEXにて「UFC 258」が開催された。


ミドル級ではジュリアン・マルケスとマキ・ピトロが対戦。ピトロは昨年の8月に2度試合をしたがどちらも負けを喫している。マルケスはこの試合がUFC3試合目(UFC1勝1敗)で2年半ぶりの試合となる。


両者は1R、2Rとテイクダウンされては立ち上がるを繰り返し、体力を消耗し3Rを迎えた。3Rもなおも体力の削り合いだったが、最後はマルケスがピトロをギロチンからのアナコンダチョークで極め、タップアウトを奪った。


マルケスは試合後に「最高の復帰戦になったと思う。もちろん、ここに至るまでにたくさんの試練を乗り越える必要があったけれど、全て今日の試合で報われたと思っている。6年前にラスベガスに拠点を移してから随分経つけど、今になってやっと家族の大切さに気付かされたよ。そこからジェームズ・クロースに世話になり、彼に助けられながら250パウンドから185パウンドまで体重を落とすことに成功した。今日はケガなく試合を終えることができた。今後どうするかはまた明日考えることにする。今はアドレナリンが体中をまわっていて考えられないよ」と復帰戦を振り返った。

(C)UFC

7回の閲覧
  • facebook
  • Twitter
  • Instagram

© 2020 Hexagon News

logo01.png