検索
  • newshexagon

【UFC】過去最短インターバル タイトルマッチ開催! 同日バンダム級タイトルマッチは中止

11月21日(土)に行われた「UFC 255」に出場し、タイトルを防衛したフライ級王者デイブソン・フィゲイレードと同階級のブランドン・モレノが約3週間後の12月12日(土)(現地時間)ラスベガスで行われる「UFC 256」でタイトルマッチを行うことに口頭で同意したという。

王者・挑戦者ともに21日間のインターバルでタイトルマッチを行うのは、過去最短とのこと。


ブラジル人のフィゲイレードはラスベガスに残り「UFC 256」のためにトレーニングをする。


デイブソン・フィゲイレード (C)UFC

フィゲイレードは「UFC 255」でアレックス・ペレスと対戦しギロチンチョークで一本勝ちし、タイトルを初防衛。

試合後に「ブランドン・モレノとやりたい」と話していたが、凄まじいスピードで対戦要求が叶うことになる。

一方のモレノも同じ日に試合をし、ブランドン・ロイバルにTKO勝ちしている。


そして、残念なお知らせもある。

この日予定されていたピョートル・ヤン vs. アルジャメイン・スターリングによるバンタム級タイトルマッチは、ヤンのケガではない個人的な理由により中止になってしまった。再戦はいまのところいつかは決まっていない。

ブランドン・モレノ (C)UFC

13回の閲覧
  • facebook
  • Twitter
  • Instagram

© 2020 Hexagon News

logo01.png