検索
  • newshexagon

【UFC】男子パウンド・フォー・パウンドランキングを更新。1位はジョン・ジョーンズ

UFCは、4月1日にハビブ・ヌルマゴメドフの引退を受け、パウンド・フォー・パウンドランキングを更新。元ライトヘビー級王者ジョン・ジョーンズが1位に戻った。


3月の「UFC 260」でヘビー級タイトルを獲得したばかりのフランシス・ガヌーは、5位に急上昇した。ヌルマゴメドフの離脱とスティーペ・ミオシッチのノックアウトによる敗北は、トップ10に波及効果をもたらし、数人のファイターが上昇した。


ヌルマゴメドフは昨年10月24日の「UFC 254」のライト級タイトルマッチで、挑戦者のジャスティン・ゲイジーに三角絞めで一本勝ちし、29戦無敗のまま突然引退を発表した。インタビューでは「UFCにひとつだけお願いがある。わたしをパウンド・フォー・パウンドの1位をにしてもらいたい。わたしは無敗のライト級王者だし、今までMMAで29勝。UFCでは13勝している。それだけのことはやってきた」とUFCにリクエストをしており、28日にはヌルマゴメドフが「パウンド・フォー・パウンド」の1位にランクされたことを、UFCが発表していた。

(C)UFC

1,674回の閲覧