検索
  • newshexagon

【UFC】マネル・ケイプ オクタゴンデビューを勝利で飾れず 「俺は次回にもっと強くなって戻ってくる」

元RIZINバンタム級王者マネル・ケイプが 2月6日(土)(現地時間)米国 ネバダ州 ラスベガスのUFC APEXにて開催された「UFC Fight Night: Overeem vs. Volkov」でオクタゴンデビューを果たした。ケイプはメインカードに登場し、ランキング5位のアレッシャンドリ・パントージャと対戦。


プレッシャーをかけてくるパントージャに対してケイプは、フットワークをうまく使う。そこへパンドージャはカーフを蹴るとミドル、ローも入れていく。


2Rになるとケイプもカーフを蹴り、パンドージャはキックを中心にして攻撃を組み立てていく。このラウンドはケイプが2度のテイクダウンに成功する。


3Rはケイプもプレッシャーをかけていき、下がりながら左のフックもヒットさせていく。なおもケイプはプレッシャーをかけていくが、パントージャがそうさせるのか、なかなか手数を増やすことができない。それでもケイプはバックテイクのポジションを奪うが試合は終了し、判定3-0(29-28、30-27、29-28)でパントージャが判定勝ちをおさめた。


試合後にケイプは「応援とエナジーをありがとう。常にベストなファイターが勝つとは限らないけれど、ベストな戦略を持つものが勝つ。俺は次回にもっと強くなって戻ってくる。

なぜなら、ある日はハンティングでほかの日はハンターのものだから。ありがとう。4435」とSNSに投稿しており、すでに前を向いているようだ。

(C)UFC

試合後のケイプの投稿。

日本のファンのために日本語でも投稿している。



14回の閲覧