検索
  • newshexagon

【UFC】イスラム・マカチェフが4Rに一本勝ち

7月17日(土)(現地時間)米国ネバダ州ラスベガスのUFC Apexにて「UFC ファイトナイト:マカチェフ vs. モイゼス」が開催され、メインでイスラム・マカチェフとチアゴ・モイゼスが対戦した。


試合をコントロールしていたマカチェフは、4Rにリアネイキドチョークを仕掛けると、モイゼスはタップし、8連勝目を飾った。


マカチェフは試合後に「4R目までいったのは初めてだった。4Rの経験が積めたのはよかったし、とても満足している。頭の中では常に、第1ラウンドや第2ラウンドでバカなことをするな、あと3ラウンドあるんだから、と考えていたから、いい経験になった。チャンピオンがそばにいると、やるべきことも、言うべきことも、何もかもを分かっている。どう動くべきかも分かっているから、ハビブ(ヌルマゴメドフ)が自分のセコンドについてくれていると、よりパワフルさを感じる。進み続けないとね。11月でも12月でも関係なく、戦わないといけないし、準備はできている。今月はずっとトレーニングするつもり。2、3日の休みで終わりにする。誰とやればタイトルに近づけるだろう? RDA(ハファエル・ドス・アンジョス)がいいかもしれないね。前回の試合で勝っているし、彼なら俺をベルトに近づけてくれるかもしれない。(タイトル挑戦まで)あと2試合。何試合でもいいんだけどね。誰が相手でもたたきつぶす。次の相手が誰であろうと、覚悟はできている」とさらに上のランカー対決、その先の王座に挑戦したいと宣言した。

(C)Zuffa/UFC


3回の閲覧