検索
  • newshexagon

【UFC】イリーが「Denisa」と呼ばれるようになったわけ

UFC世界ライトヘビー級ランカーで元RIZINライトヘビー級王者イリー・プロハースカには「Denisa」というニックネームがついている。このニックネームはどのような経緯でついたのか?とイリーのブランド「BJP-Store」の名前の由来をイリーのチームメイトに聞いてみた。

(C)UFC

まず「Denisa」についてだが、チェコでは「Denisa」は女性の名前だという。ある日ジムでイリーのチームメイトは「Denisa」と叫んだところ、イリーが振り向いたという。それを見たチームメイトは一同大笑いとなり、その日からイリーは「Denisa」と呼ばれるようになったそうだ。「Denisa」はRIZINのイリーのTシャツにも書かれており、UFCに参戦している今でもこのニックネームを使っているようだ。

(C)RIZIN FF

次に「BJP-Store」の名前の由来だが、BJPとは、、

チェコ語を日本語に直訳して説明するのはなかなか難しい。そこで、言葉の意味を説明すると、BJPはチェコ語のそれぞれ3つの言葉の頭の文字ということだった。チェコ語の綴りとなんという言葉かは不明だが、Bから始まるチェコ語の言葉の日本語の意味はパンチ、Jから始まるチェコ語の言葉の日本語の意味は~みたいな、という意味、Pから始まるチェコ語の言葉の日本語の意味はすごくとか、めっちゃとか。実は他の意味もあるらしいが、、、このような意味でよく使われるという。ちなみに「BJP-Store」はチェコでは会社登記もされていて登記を受け付けたチェコの職員はあまりの斬新なネーミングに思わず苦笑したという。

BJP STORE

125回の閲覧