検索
  • newshexagon

【UFC】ジン・ユウ・フライ オクタゴン初勝利「何かを強く求めれば、それを邪魔するものは何もない。ただひたすら努力するだけ。何度転んでも、立ち上がって前に進む」

3月13日(土)(現地時間)米国 ネバダ州 ラスベガスのUFC APEXにて「UFC Fight Night:エドワーズ vs. ムハマッド」が開催された。


女子ストロー級では、RIZINにも参戦したジン・ユウ・フライが、コンテンダーシリーズ出身のグロリア・ジ・パウラと対戦した。フライはパウラにテイクダウンを仕掛ける。テイクダウンされると今回がオクタゴンデビューとなるパウラは、うまく動くことができず、フライが判定3-0でオクタゴン初勝利をもぎ取った。


フライは試合後に「間違いなく自分が勝ったと思った。第1ラウンドと第3ラウンドは、かなりしっかりとコントロールできたと思う。第2ラウンドはどちらとも言えない感じだったので、29-28という結果が出たときは自分が勝ったと確信した。彼女はかなり洗練されたストライカーなので、相手が得意とするところで戦う必要はなかった。相手が最も苦手とする場面に持っていって、相手が戦いたくない試合をさせようと思った。自分の胸や肩の荷が下りたような気がする。誰もがUFCに出たいと思っているけれど、それ自体が難しいわけじゃない。最初の勝利を得ることがかなり大変です。最初の2試合で0勝2敗という苦い経験をした。そこから自分を奮い立たせて次のキャンプに臨み、自信を持って勝てたことは自分が一番誇りに思う。何かを強く求めれば、それを邪魔するものは何もない。ただひたすら努力するだけ。何度転んでも、立ち上がって前に進む」と話し、パウラのグラウンド状態での動きは想定内であったこと、待ちに待ったオクタゴンでの初勝利を手に入れ、さらに進化することを誓った。

(C)UFC

11回の閲覧
  • facebook
  • Twitter
  • Instagram

© 2020 Hexagon News

logo01.png