検索
  • newshexagon

【UFC】アマンダ・ヒバス 試合直前の新型コロナ陽性反応でヒル戦が中止に「みんな!見てわかるように、わたしの髪は準備ができてたし、わたしも準備ができていた」

5月8日(土)(現地時間)米国 ネバダ州 ラスベガスのUFC APEXにて「UFC ファイトナイト:ホドリゲス vs. ウォーターソン」が開催された。女子ストロー級でアマンダ・ヒバスとアンジェラ・ヒルが対戦予定だったが、大会の数時間前にヒバスが新型コロナウイルスの検査で陽性を示したため、ヒル戦が中止になった。


ヒバスは自身のInstagramのストーリーで「みんな!見てわかるように、わたしの髪は準備ができてたし、わたしも準備ができていた。わたしは新型コロナウイルスの検査で陰性だったからここに来たんだけど、それからわたしが(陽性)というニュースを受け取りました。みなさんが、まだわたしのためにバイブスを送ってくれることを願っています。 キス!」と試合用のヘアスタイルも紹介し、仕上がっていたにも関わらず、直前に試合がキャンセルになったことについてコメントしている。


なお、アンジェラ・ヒル対アマンダ・ヒバスは、「UFC ファイトナイト:ホドリゲス vs. ウォーターソン」で中止になった3番目の試合となっている。


ヒバスはエミリー・ウィットミア、マッケンジー・ダーン、ランダ・マルコス、ペイジ・ヴァンザントと戦い4連勝。ヴァンザント戦は階級を上げフライ級で行った。 ヒバスは階級をストロー級に戻し、今年1月、アブダビ・ファイトアイランドの「UFC 257」でマリナ・ホドリゲスと対戦し、5年以上ぶりとなる負けを喫した。


ヒルは3月にアシェリー・ヨーダーに判定勝ちしたばかり。それ以前は、クラウディア・ガデーリャとミシェル・ウォーターソンに敗北を喫しているが、ウォーターソンとの試合では2017年にInvicta FCからUFCに戻ってから最初のボーナスとなる「ファイト・オブ・ジ・ナイト」を獲得している。

(C)Amanda Ribas

20回の閲覧