検索
  • newshexagon

【UFC】アルジャメイン・スターリング ヤンの不可解な反則ヒザにより新王者に「こんなことになってしまってごめんなさい。もう一度やりたい」

3月6日(土)(現地時間)米国 ネバダ州 ラスベガスのUFC APEXにて「UFC 259」が開催された。バンタム級タイトルマッチが行われ、ピョートル・ヤンの持つ王座にアルジャメイン・スターリングが挑んだ。


スターリングは1Rから積極的に攻撃を仕掛けたが、徐々に疲れが見られる。ヤンも攻撃していったが、4Rにスターリングが片ヒザをマットにつけた状態のところへ、ヤンが顔面へ不可解なヒザ蹴りを放つ。しかしこの攻撃は認められておらず、反則の攻撃。スターリングは起き上がれず、試合は続行できなかった。この反則により、ヤンはUFC史上初めて反則攻撃で、王座を失った。


なんともいえない結末にスターリングは「ここまで全てをかけてやってきたことは、これのためじゃないし、こういうふうに勝つことは想像していなかった。ほんとうにひどい。心が潰れそうだ。接戦だったし、速いペースでファンも喜んでくれていたと思った。みんなありがとう、こんなことになってしまってごめんなさい。もう一度やりたい」と悲痛な表情を浮かべた。


ヒザ蹴りの瞬間



6回の閲覧
  • facebook
  • Twitter
  • Instagram

© 2020 Hexagon News

logo01.png