検索
  • newshexagon

【Bellator】教えてパトリッキー!なぜSNSに日本語表示もあるの?

最終更新: 5月9日

5月7日(金)(現地時間)米国コネチカット州アンカスビル・モヒガン・サン・アリーナにて「Bellator258」が開催される。RIZINライト級GP 2019で激闘をみせてくれたパトリッキー・“ピットブル ”・フレイレも参戦し、ピーター・ケアリーとライト級で対戦する。パトリッキーはライト級ランキング2位。戦績は23勝9敗。対するアイルランドのケアリーの戦績は12勝5敗1分。


パトリッキーは最近YouTubeチャンネルを始めたようで、SNSでの告知にはポルトガル語、英語のほかに日本語での記載もある。ブラジル北東部ナタウに住み、米国のプロモーションBellatorで活躍するパトリッキーは、なぜ日本語を使うのか?「Bellator258」参戦のためにモヒガン・サンに滞在中のパトリッキーが、日本語を使う意図を我々に明かしてくれた。


「僕はTwitterにも日本語を使っているんだけど、日本はいつも僕の心にあるんだ」とパトリッキーはブラジルから反対側の日本への思いを語った。動画にも日本語を使っており、昨年末に「日本が恋しい」とSNSに投稿していたパトリッキー。日本での試合も待ち遠しいが、まずは今週末のBellatorの大会が控えている。日本でも試合をBellatorのYouTubeチャンネルで見ることが可能なため、熱戦を見届けたい。

(C)Bellator

パトリッキーからYouTube開設のお知らせ


20回の閲覧