検索
  • newshexagon

【RIZIN】渡部修斗公開練習「前回は『見返してやるぞ』という気持ちだった。今回は応援してくれる人の気持ちに応えたい」

5月30日(日)、6月13日の東京ドーム大会「RIZIN.28」で行われる「RIZIN JAPAN GRAND-PRIX 2021 バンタム級トーナメント」の1回戦を朝倉海と戦う渡部修斗が都内のジムにて公開練習を行い、渡部はレスリングを披露した。


渡部は前戦の田丸匠戦を振り返り、「前回は『ひっくり返してやろう!』という一心でやっていましたが、今回はひっくり返すというより、単純に応援してくれる人達に応えたいと、だから勝ちたいと思っています。この前の試合は、自分の気持ちがデカかった『見返してやるぞ』という気持ちだったが、今回はそういう感情ではない。応援してくれる人の気持ちに応えたいっていうだけですね」と話し、続く朝倉戦に向けては「勝つための準備はしているつもり。今までの試合も、自信をもって臨んだことはないので、『自信はあるか?』と言われると、そんなにないです」と胸の内を明かした。


自信がないと話す渡部だが「自分に自信を持とう」と思ったことはないという。「どんなに練習をしても自信を持つことはなかった。ただ、自分がこれだけ練習をやった、一生懸命毎日やって生きてきたんだという誇りというか、自分がこういう試合を積んできてこういう相手に勝ってきて今ここに立ってるんだという、そういうやってきたことに関しての誇りは持っている。そういう気持ちは常にあります」と積み重ねによっての誇りはあると語った。プライベートでも「自信はないけど、やるしかない。で、全力で取り組みますそれに対して」と頑張ってきたそうだ。


最後にファンへは「自分は昔から柔道やレスリングをやっていたのですが、本当にすごく弱くて成績がそんなに残せなかったのですが、格闘技が好きで格闘技を頑張ってきて、東京ドームで朝倉海選手という日本で一番強くて有名な格闘家と闘う事になって、やっぱりそんな自分みたいな人間でも、一生懸命やればそういう舞台で闘えるし、強いやつと闘えるし、ただ闘うだけじゃなくて自分は勝つつもりでやるので、それを試合で見て欲しいなと思います。自分の試合を見て、今くすぶっている人が居たら、一生懸命これから頑張りたいなと思ってもらえる試合をしたいなと思います。応援よろしくお願いします!」と誰でもできることを、誰も真似できないくらい一生懸命やってきた渡部がメッセージを送った。

(C)RIZIN FF

8回の閲覧