検索
  • newshexagon

【RIZIN】榊原CEO「天心 vs.武尊は運命のあやで実現しないかもしれない」

6月1日(火)、都内にてRIZINの記者会見が行われ、6月13日に東京ドームにて開催される「RIZIN.28」の追加カードが発表され、RIZINライト級トーナメント制覇のトフィック・ムサエフは初代ライト級王座決定戦をホベルト・サトシ・ソウザと争うことが発表され、ケラモフはフェザー級王者の斎藤裕とノンタイトルで対戦。スダリオ剛はMMAファイターシビサイ頌真と。さらにRISEから“ブラックパンサー”ベイノアが参戦し、MMAデビュー戦を弥益ドミネーター聡志と戦う等、4カードが追加された。


榊原CEOは記者会見後に囲み取材に応じ、那須川天心が自身のYouTubeチャンネルで「東京ドームで1 vs.3の真剣勝負をやる。1人3分ずつで3Rの対戦相手を募集する」という動画をアップしたことを聞き、「6.13 誰とやるかなど、いろんな話を天心とはしていたけど、(対戦相手が)みんな逃げちゃった」と悩める胸の内を話した。


続けて「僕らも残念だし、普通に考えたらこんなチャンスないじゃない。もちろん選手で、競技者であって勝ちにこだわっていくんですけど、アマチュアじゃないんだから、東京ドームっていう18年ぶりの舞台があって、ゴールデンタイムに地上波で天心だったら間違いなく放送されますよ。キック界の人たち、総合格闘家も含め、勝ち負けはもちろん、準備が整う・整わない含めて、やっぱり、プロとしての感性、嗅覚をもって進み出てほしい。じゃなかったらアマチュアの試合をしておけばいい話で、プロとしてこの時代を築いて切り拓いていきたいと思ったら、やってほしいっていうことです。段々、腹が立ってきてしまうんだけど」と苦言。


那須川の試合については「天心チームがそれで決めたんであれば、僕らもそれに乗っかって、あとは誰がその戦う3人になるかを相談をして決めましょうと。いずれにしても本人がやると決めてくれたんであれば、13日は天心の試合も実施します」と実施すると明言した。


さらに天心 vs.武尊については「どうなんですかねぇ。もちろんドリームカードだし、両陣営やってもいい、という思いは持ってはくれていると思うんですけど、当然そのタイミングで実現させたいということで、いったんは6.13でいろんな準備なりが整っていた。でも、今思うと、これほどのドリームカードが、いまの緊急事態宣言下の6.13じゃなくてよかったのかもしれない。まあ、これがほんとうに運命のあやで、このまま実現しないかもしれない。ここはやっぱりファンの皆さんや、やっぱり関係各位の、このカードを実現させたいって思う気持ち。そのなかで、自分たちをどこまで律していけるか、まあ自分たちのエゴをどこまで抑えて、みんなでひとつのモノを作り出せるかということへの挑戦が、もちろん僕らも間に入って、中立なものが築けるように努力はしたいと思っています」と語った。

(C)RIZIN FF

11回の閲覧