検索
  • newshexagon

【RIZIN】岡田遼公開練習「元谷選手との試合はDEEP 対 修斗だと思って見てください」


5月24日(月)、6月13日の東京ドーム大会「RIZIN.28」で行われる「RIZIN JAPAN GRAND-PRIX 2021 バンタム級トーナメント」の1回戦を元谷友貴と戦う、岡田遼が、千葉の所属ジムにて扇久保博正と公開練習を行った。岡田はミット打ちと扇久保とのプロレスを披露した。


岡田にとっての東京ドームのイメージは「読売ジャイアンツ」で、RIZIN初参戦で東京ドームで試合をすることに関しては「東京ドームで試合をすることが人生であるとは思っていなかった。楽しみながらしっかり結果を出したい。大舞台でも大舞台と気負わない。いつもの修斗の戦いをやろうと思っている。東京ドームだからとかRIZINとかはない。会場がどこでも自分の戦いをする。それがいいパフォーマンスにつながると信じている」と平常心を見せた。元谷については「ムラがあるというイメージ。極めが強い。自分が優っている点は相手のいやなところで戦い続けられること。リスクを負わず堅実に攻めていく。(元谷選手は、リスクを負ってもフィニッシュを目指すと言っているが)僕はフィニッシュされている試合は少ない。実は俺もちょこちょこフィニッシュしている。相手がミスをしたら見逃さないし、フィニッシュ狙います」と語った。


普段、扇久保と話している内容については「相談している。こういうときどうすればいいですか」と有意義な会話ができていると話した。

(C)RIZIN FF

修斗を代表する選手として修斗を体現、言葉で表現するなら?との問いには「俺と扇久保さんの斗い(たたかい)方が修斗です。(打・投・極の)の1個に執着するわけではなく、全部が流れるようにして戦っていくというのが修斗の理念。そういうMMAファイターをめざしている」論理的に表現し、説明した。


岡田は現修斗世界バンタム級王者で、元谷はDEEPを代表するような選手。元谷との試合でも修斗を体現して見せてくれますか?との問いにももちろんです!DEEP 対 修斗だと思って見てください」とRIZINで、修斗を体現するような試合をすることを宣言した。

(C)RIZIN FF

7回の閲覧