検索
  • newshexagon

【Bellator】ライアン・ベイダー 2度目のGPに意欲「俺には初めて2つの階級のGPを制覇するファイターになる機会がある」

Bellatorヘビー級王者のライアン・ベイダーが「俺には初めて2つの階級のGPを制覇するファイターになる機会がある」とコメントし、2度目のGPに意欲を見せている。ベイダーは以前、ライトヘビーの王座も所持しており、二階級同時王者だった。


Bellatorは4月9日の「Bellator 256」からライトヘビー級ワールド・グランプリを開幕することを発表しており、4月9日のトーナメント1回戦で、ベイダーは元UFCライトヘビー級王者リョート・マチダと対戦する。ベイダーとマチダの対戦は2度目で、前回の対戦は約9年前の12年8月のUFCで、ベイダーがKO負けを喫している。


ベイダーの1回目のGP参戦は、2018年から2019年に開催されたヘビー級GPで、ベイダーは一回戦をキング・モー、準決勝をマット・ミトリオン、決勝戦をエメリヤーエンコ・ヒョードルをそれぞれ下した。その結果ベイダーはGPを制覇し、同時にBellator世界ヘビー級王座を獲得。Bellator史上初となる二階級同時王者となった。


4月16日の「Bellator 257」のトーナメント1回戦では、現ライトヘビー級王者ワジム・ネムコフと元王者のフィル・デイビスの対戦が予定されている。この試合はネムコフのタイトル防衛戦も兼ねるため、ベイダーも2度目のGP制覇とともに、当然、ライトヘビー級王座奪還も視野に入れているだろう。

(C)Bellator

12回の閲覧
  • facebook
  • Twitter
  • Instagram

© 2020 Hexagon News

logo01.png