検索
  • newshexagon

【RIZIN】白鳥大珠試合後インタビュー「RISEでは2連敗していますが、それを打破して強さを見せて、大晦日に戻って来ます」

6月27日(日)に大阪・丸善インテックアリーナ大阪にて「RIZIN.29」が開催され、RIZIN KICK ワンナイトトーナメントが開催された。トーナメント1回戦で白鳥大珠と髙橋亮が対戦。1Rに白鳥はダウンを奪うとKO勝ちした。一方の皇治と梅野源治の試合は、梅野に偶発的な頭突きが当たり、試合はノーコンテストに。試合後の協議で、梅野に眼窩底骨折、鼻骨骨折、軽度の脳震盪、の症状があったため、ノーコンテストだが皇治が決勝に上がることなり、決勝戦は白鳥と皇治が対戦した。白鳥はバッティング、ローブローを受け、試合が中断されながらも集中を切らさず戦い、1Rにはダウンも奪い判定3-0で勝利し、優勝した。


白鳥は試合後の率直な感想として「最初に思ったことは、悔しい。事前に言っていた一回戦、決勝を相手に何もさせず圧倒するというのを有言実行したかったが、一回戦は圧倒できましたが最後は圧倒できなかったので悔しいです」と優勝はしたが、勝ち方の反省点について述べた。


蹴りが得意な髙橋が、RIZINの舞台だからとパンチ勝負で来たことを明かし、リスペクトを示しながら、決勝戦については「やるのかやらないのか決勝に行くまでに話し合いをした。こういうのも初めてで、僕はこのトーナメントの一回戦と決勝を闘うために大阪まで来たので、色々話し合った結果、無事に決勝戦ができてそこはよかった」と初めての経験をしながらも、優勝ができてよかったと安堵した。


今後の展望としては「とりあえずはベルトを獲ることができた。でもこれはキック最強の証ではないと思っている。一つの結果だと思っている。僕はRISEを主戦場としていて、まぁRISEでは2連敗していますが、それを打破して強さを見せて、大晦日に戻って来ます」と堂々と大晦日参戦を宣言し、天心 vs. 武尊戦があるならそういう大会にも「もちろん出たいし、天心とやりたいです(笑)。でも50kg台はキツイ。同門ですけれどそれくらいないとダメじゃないですか。武尊選手ともやりたい。それこそ目立っている選手は倒していきたい。それがどこの誰であろうと関係ないです」とアピール。


RIZINでキックでメインで試合をするのは、那須川天心選手以来のことで、このことについては「光栄なことです。RIZINではMMAがメインで、キックが軽く見られている部分があるので、こういう機会を与えて貰ったのは光栄ですが、メインらしく締めたかった。そこが悔しかった。KO負けしていない皇治選手をKOしたかった。誰も成し遂げていないことをやりたいじゃないですか。だから悔しいです」と心境を明かしつつも、リングで「バッティングに気を付けて」とメッセージを送っていた皇治へ「皇治選手がここからどうやって上がって来るのかなっていうのは個人的に気になります。このまま引退はしないでくださいねってことです」とさらなるメッセージを送った。

(C)RIZIN FF

10回の閲覧