検索
  • newshexagon

【RIZIN】榊原CEO総括「次回は9/19。バンタム級グランプリ二回戦を開催。ファン投票で選んだ選手のリザーブマッチも組みたい」

6月27日(日)に大阪・丸善インテックアリーナ大阪で「RIZIN.29」が開催され、RIZIN KICK ワンナイトトーナメントとバンタム級トーナメント 1回戦とスペシャルワンマッチが行われた。


榊原CEOが大会後に総括を行い「バンタム級グランプリ一回戦は見応えがあった。キックトーナメントはトーナメントならではの難しさがあった。競技を超えたところで白鳥選手、以下参戦した4名のプロフェッショナルイズムを、プロとして何を成すかという思いの中で、決勝戦が成立しました。いろんな思いがあったと思いますが、決勝に駒を進めて闘ってくれた白鳥選手、皇治選手、そして梅野選手と髙橋選手に、この場を借りてお礼を申し上げたいと思います。難しい決勝になりました。白鳥選手も皇治選手もそれぞれ思いを作るなどあったと思いますが、決勝にふさわしい攻防が見られたことは良かったなと思います。梅野選手に関してはRIZINとして闘う機会を、皇治選手とのリマッチを含め、今後の梅野選手の回復を待って試合の機会を作れればと思っていますし、梅野選手にはその旨伝えました」と想定以外の事が起こり、選手全員と話し合ったり、難しいこともあったと語った。


リング上でも発表された、9月19日(日)開催予定のさいたまスーパーアリーナ大会については「9月の大会に向けて、浜崎朱加選手の試合、サトシ・ソウザ選手の試合も当然組まれるのもあると思いますし、クレベル・コイケ選手、斎藤裕選手、朝倉未来選手など、この9月の復帰に向けて動き出せるのかも含めたところを明日から調整に入りたいと思います」と話し、合わせてバンタム級グランプリ二回戦は9月開催。リザーブマッチも開催予定で、リザーブマッチの選手は、ファン投票で選ばれてくることを一つの大前提としたい、と明かした。


最後に、「オリンピック開催有無で8月に新たなチャレンジをしたい。追って発表したいと思う」となにかしらのチャレンジを用意していると話した。

(C)RIZIN FF

12回の閲覧