検索
  • newshexagon

【RIZIN】アラン“ヒロ”ヤマニハ試合前インタビュー「この試合に判定はいりません」

6月25日(金)、27日(日)に丸善インテックアリーナにて開催される「RIZIN.29」に出場する出場全選手の個別インタビューがオンラインで行われ、アラン“ヒロ”ヤマニハ

がインタビューに答えた。ヤマニハはセミのバンタム級トーナメント1回戦で、倉本一真と対戦する。


ルーツを沖縄に持つ日系三世だというヤマニハは、現在の心境について「RIZINに出たかったから嬉しい」と笑顔で話し、倉本の印象については「相手は力強い選手でタックルがうまい。相手はあまり心配じゃない」と力の強さを警戒した。また試合展開のイメージについては「みんながたくさんのお客さんはわたしのことを知らないけど、僕は寝技はあまり上手じゃないけどハードトレーニングをしている。打撃もできる。寝技もレベル高いね。いい試合を見せたい」とRIZINで存在感を放ちたいと話した。


レスラーである倉本の対策について、問われたヤマニハは「僕の相手のタックル(対策)については関根さんが手伝ってくれました。相手はレスリングがうまいけど、倒せば寝技になる。寝技は僕のポジション。得意です」と特にレスラー対策はせず、いつものボンサイ柔術のメンバーでの練習と、打撃の練習だけ行ってきたと語った。


先日の東京ドーム大会で、見事な三角絞めを披露した同じボンサイ柔術のホベルト・サトシ・ソウザとクレベル・コイケに刺激を受けたかとの問いには「いいエネルギーをもらった。僕の先輩が勝ったので僕もできる」と意気込み、続けて「僕たちの先輩はクレベル、とサトシだけじゃなくマルキーニョス(マルコス・ヨシオ・ソウザ)、関根さん(関根シュレック秀樹)みんなたくさん手伝ってくれる。一番大事なのは僕のトレーニングのconfidence(信頼)が大事」とボンサイ柔術の絆と、自らを信じる大切さについて明かした。


最後に、勝ち方については「判定はいらない」とフィニッシュ勝利を予告した。

(C)RIZIN FF

10回の閲覧