検索
  • newshexagon

【RIZIN】伊藤空也試合後インタビュー「また呼ばれる機会があるか分かりませんが、呼ばれればもっといい試合して、次は勝ちたいです」

6月27日(日)に大阪・丸善インテックアリーナ大阪にて「RIZIN.29」が開催され、東京ドーム大会に続いて、第9試合から第12試合目まで、バンタム級トーナメント一回戦が、行われ、二回戦進出選手が決定した。セミファイナルでは、最後のバンタム級トーナメント二回戦進出選手の座をかけ金太郎と伊藤空也が対戦。


「絶対に勝ちたい」という気迫があふれる両者の試合は、アグレッシブな展開に。伊藤はパンチをもらっても前に出続け、金太郎を持ち上げスラムする場面もあり、最後まで前に出続けたが0-3で判定負けを喫した。


伊藤は、試合後の率直な感想として「ちょっと拳と右足の甲が痛いです。あと負けちゃったので悔しいです」と熱戦の敗北の悔しさをにじませた。対戦してみた金太郎の印象は「予想通りだったが、組みがめちゃくちゃ強かった。技術というより地の力で持ち上げられて、寝技で下になったので、1Rは結構焦った。組み力というか、上からのプレスっていうか、漬け力がすごかった」と金太郎の組み力について明かした。初出場のRIZINの感想は「あ〜、やっぱ最高でしたね。気持ちも上がったし、本当、国内最高峰の舞台で試合ができて幸せでした」とRIZINの舞台を振り返った。今後の展望としては「今回の試合で課題が見つかったので、改善して、また呼ばれる機会があるか分かりませんが、呼ばれればもっといい試合して、次は勝ちたいです」と次戦への意気込みを語った。


今後RIZINで勝ち上がっていくために必要なものを問われた伊藤は「根本的な柔術の技術かもしれないです。上からプレスされて、そこから際で勝てればいいし。あとは打撃でも、細かい部分で修正が必要だ、とセコンドからアドバイスがあったんで、そこは直したい」と具体的なポイントを挙げ、修正すると話した。


榊原CEOは大会後に「バンタム級グランプリ二回戦は9月開催。リザーブマッチも開催予定で、リザーブマッチの選手は、ファン投票で選ばれてくることを一つの大前提としたい」と示唆している。

(C)RIZIN FF

2回の閲覧