検索
  • newshexagon

シビサイ頌真試合後インタビュー「国内ヘビー級選手が団結して世界で闘えるように、団結していきたいと思います」

6月13日(日)に、MMAでは18年ぶりの東京ドーム大会にて「RIZIN.28」が開催され

シビサイ頌真とスダリオ剛が120㎏契約で対戦した。シビサイはリアネイキッドチョークで一本勝ちし、スダリオはMMA4戦目にして初黒星となった。


シビサイは試合後の率直な感想として「苦しい試合でしたが、気持ちを切らさず闘えたかなと思う」とコメントし、東京ドームで試合をしたことについては「見渡して広い会場で緊張しました」と話した。


対戦相手のスダリオについては「強かったですね。ヘビー級の選手だから重いし、一切、気が抜けない試合だった」と話し、気を付けていたポイントについては「全部気を付けていた。一発当たったらひっくり返る試合だったので。一発の怖さがあったので、見合ってしまったのが正直なところです」と2Rまで慎重に戦ったと明かした


また今後の目標については「日本人同士の試合なので、自分は国内選手は仲間だと思っている。ヘビー級の日本人は世界に行くと勝てないと思われているので、そうじゃなくて、みんなが団結して世界で闘えるように、自分ももちろんそうですし、団結していきたいと思います」と、みんなで力を合わせ、国内ヘビー級選手のレベルアップをはかっていきたいと展望を話した。

(C)RIZIN FF

10回の閲覧