検索
  • newshexagon

【RIZIN】榊原CEO、那須川の試合について言及、斎藤ークレベル王座戦年内実施も明言

6月13日(日)に、MMAでは18年ぶりの東京ドーム大会にて「RIZIN.28」が開催された。榊原CEOは大会後に総括を行い、那須川の試合が発表されたタイミングで、HIROYAがYouTubeで、大雅が那須川と戦うオファーを断ったニュアンスの表現をしたことについて説明した。


榊原CEOは「この場を借りて誤解なきように伝えておきたいことがあります。これは勘違いで大雅選手にオファーはしていないです。天心は、最後までキックボクシングの試合がやりたかった。大雅選手は候補としてありましたが、ただ体重が合わない。天心が通常本当にキックボクシングで勝負するのは55kg。HIROYA選手サイドに58.5kgぐらいまで落とせないの?とは打診したんですね。オファーと打診を勘違いしていると思います。58.5kgで作れるだったら、(RISEの)伊藤代表に『58.5kgなら大雅と受けられないかな』と正式にオファーしようと思っていました。あくまで天心に挑む立場ですから、挑む側(大雅)が合わせる必要があると思うんですよね。正式なオファーは一度も無いです。大雅選手はかなり早い段階で候補選手から消えたんですが、HIROYA選手には打診の話がオファーにすり替わったのかなと思います。YouTubeやSNSといったメディアが発達した功罪だと思いますけど、そこで一方的に発信されたことが事実のごとく拡散されることがあった。誤解無きよう、この場を借りて訂正させていただきたいと思います」と経緯を説明した。


那須川天心vs.3人の試合については「無事に終わってよかった。なんでもチャレンジしてみなくてはわからない。非難を恐れずチャレンジする那須川天心もすごいと思いますし、それに付き合う僕らもすごいと思いました」と安堵した。


東京ドームについては「雰囲気と色気と大きさをもったドームに、またアフターコロナに戻って来られるように、選手ともども力を付けていきます」とコメント。フェザー級タイトルマッチについては「斎藤選手とクレベル選手の試合を、秋、年内には実現をします」と明言した。

(C)RIZIN FF

14回の閲覧