検索
  • newshexagon

【RIZIN】ヴガール・ケラモフ試合前インタビュー「日本に来ているのはチャンピオンになるため。必ずチャンピオンになるという意気込みです」

最終更新: 5日前

6月11日(金)、13日(日)に東京ドームにて開催される「RIZIN.28」に出場する出場全選手の個別インタビューがオンラインで行われ、アゼルバイジャンのヴガール・ケラモフがインタビューに答えた。ケラモフはノンタイトル戦で現RIZINフェザー級王者 斎藤 裕と対戦する。


ケラモフは現在の心境を「とてもいい気分。コンディションは最高です。試合の準備はできています。いい試合を見せたいと思う」と話した。斎藤の印象については「王者ということは知っていますし、強いと思います。しかしわたしは全力を尽くしてリングに上がり勝ちます」ときっぱり。斎藤に勝っている点については「自分はフィジカルでも精神的にも、スタンドでもグラウンドでも優れていると思う。試合の日は優れているところをしっかり見せて勝利できると確信している」と、なおも勝利を確信した。


戦地には行っておらず、日夜トレーニングを続けていたと語るケラモフは、祖国アゼルバイジャンにどのような試合を届けたいか?と問われ「わたしはどんなときでも全力を尽くして戦います。そこに気力、精神力、性格が表れると思います。あさっての試合も非常に見ごたえのある、よい試合をアゼルバイジャンのみなさんに見せたいし、そうなると確信しています」と語った。また、祖国や全世界にとって困難な時期に、日本のしかも大きく特別な会場、東京ドームで試合をすることについては「こういった機会を得たことは、大変貴重だと思っている。機会を与えてくださったRIZINの関係者さまには心から感謝したいと思います。RIZINは2回目なのですが、これからも何度も戻ってきて試合をしたい」と感謝の言葉を口にし、連続参戦を希望した。


最後にタイトル挑戦については「もちろん挑戦したい。日本に来ているのはチャンピオンになるためなので、必ずチャンピオンになるという意気込みです」とこの試合の先の王座戦を見据えた。

(C)RIZIN FF

13回の閲覧