検索
  • newshexagon

【RIZIN】クレベル・コイケ試合前インタビュー~東京ドームでも「Vou pegar!(ヴォウ ぺガール)」は聞けるか!

6月11日(金)、13日(日)に東京ドームにて開催される「RIZIN.28」に出場する出場全選手の個別インタビューがオンラインで行われ、クレベル・コイケがインタビューに答えた。クレベルはメインで、朝倉未来と対戦する。


クレベルは現在の心境について「戦えるのはすごい嬉しい。ハハハ」と満面の笑を浮かべた。未来の印象については「まあ、アサクラは強いね。日本でメッチャ有名とか、いろいろね。でも試合ではちょっと違う。わたしにとって、あんまりでなんでもないな」とあっさりとコメント。また試合展開のイメージについては「KO、サブミッション、なんでもいいけど、自分のイメージで勝つことだけを考えている」勝ち方にはこだわらないと話した。


メインのプレッシャーについては「見たらちょっとびっくりしたね。メイン。最初、ちょっと緊張。でも、今あんまり変わらないね。自分は世界のヨーロッパの大きな大会でも緊張しない。びっくりしたけれど、今、全然大丈夫です」とプレッシャーはあまり感じていないと話した。クレベルは、今回も同じボンサイ柔術のホベルト・サトシ・ソウザと同じ大会に参戦する。サトシの試合は第8試合で、クレベルの試合はメインである第10試合。サトシにセコンドについて欲しいか、問われたクレベルは「サトシも試合あって嬉しい。セコンドについて欲しい。絶対、欲しい。サトシはもっと信じてる。サトシ、マルキーニョス(マルコス・ソウザ)、ミサキ(三崎 和雄)は近くでわたしのことを信じてる。そのスピリットのもとで、わたしはもっと強くなるよ」とボンサイ柔術の絆について語った。


また、寝技の自信と一本勝ちについては「絶対入ってる。アサクラは1回だけチャンスある。タップしないと壊れちゃうか寝ちゃう(失神する)。自分のスタイルを信じてる。でも、彼がサブミッション入ってタップしないと、絶対壊れちゃうよ。間違いない。次の試合、本物の試合。わたしとの試合はドリームじゃない。これはゲームじゃない。冗談じゃない。わたしはファイターだよ。冗談じゃない。心配だけど、次の試合はMMA、キックボクシングだけじゃない。彼はそれを気をつけるね」と冒頭の笑顔とは打って変わり、真剣な表情で言い切った。


さらに、カイル・アグォン戦でフィニッシュする時に何と叫んでいたのですか?と問われたクレベルは叫んでいた言葉は「Vou pegar!!!(ヴォウ ぺガール)」だと明かした。


このポルトガル語について少し解説すると、

vouはir 動詞(行く)の現在一人称単数形だが、

「ir+動詞の原形」の形で未来をあらわす。

pegar(動詞)の主な意味は、受ける、捕まえる、つかむなどなど。極めるにも使われることがある。

なので直訳すると「(わたしは)極める!!!」となる。

(C)RIZIN FF

300回の閲覧