検索
  • newshexagon

【RIZIN】朝倉未来 vs. クレベル・コイケが東京ドームで実現~両者共に王座を見据える

5月4(火・祝)、都内にてRIZINの記者会見が行われ、6月13日に東京ドームにて開催される「RIZIN.28」で、朝倉未来 vs. クレベル・コイケの追加対戦カードを発表した。榊原CEOはこのカードが実現したいきさつについて「東京ドームで18年ぶりに大会を開催します。僕らも本気で出し惜しみなくカードを編成していこうと思っています。これは東京ドームにふさわしいカード」とファンが待ち望んだカードを、東京ドームでマッチメイクしたと説明した。


会見に出席したクレベルは「コイケ クレベルです。よろしくお願いします」と挨拶。対する朝倉は「今回6月13日に東京ドームで戦うことを決めました。残り1カ月ちょっとあると思うんで、今までで一番追い込んで、いい試合をしたいと思います」と意気込みを話した。


最近のトレーニングについて朝倉は「大晦日の時にスタイルを変えて、自分から攻めるスタイルに変わったと思う。組みでも自分から攻める展開を練習で多くしているので、ちょっとスタイルは変わったと思う。今回初めてのタイプの選手なので、ずっとプレッシャーを与え続ける展開にしたいなと思っています」と自分からも攻め、組み技も練習していると明かした。対してクレベルは「それは心配しない。全然問題ない。彼は半年くらいでスタイルを変えるのはできない。みんなが知っているけど、わたしは寝技がうまい。彼は打撃がうまい。キツい試合になると、彼は絶対に打撃のスタイルに戻る。わたしは絶対に寝技になる。心配ない」と余裕を見せた。


また両者は、この試合を超えたらフェザー級王者の斎藤に挑戦したいか?と尋ねられ、クレベルは「それはもちろん。それをずっと待っている。ベルトね。先に朝倉に勝つんだったら、次は斎藤とやりたいね。間違いないね」ときっぱり。朝倉は黙ってうなずき、両者ともに王座を見据えた。


決着については「サブミッションで一本勝ちがやりたい。わたしは1回のチャンスで決める。彼が1回ミスをすれば、その1回で、絶対にフィニッシュします。間違いないです」と朝倉のミスを確実に狙うとアピールし、朝倉は「KOしたいです」と対照的な決着を思い描いていることを明かした。

(C)RIZIN FF

24回の閲覧