検索
  • newshexagon

【RIZIN】久米鷹介試合後インタビュー「どこでというよりも、強い相手とやっていきたい。今日負けてしまいましたけど、挑む機会があるなら強い相手に向かって行く日々です」

3月21日(日)に、名古屋 日本ガイシホールにて「RIZIN.27」が開催され、第12試合のライト級で、PANCRASE王者 久米鷹介がDEEP王者 武田光司と対戦し、激闘するも0-3の判定負けを喫した。


試合前に久米は「パンクラスで応援してくれる方々は自分がパンクラスの強さを証明してくれると思っているので、その辺りをエネルギーに変えて行きたいと思います」と話していたとおり、最後まで攻撃の手を止めなかった。久米は、試合後、最後に涙を見せながらも、インタビューに答えた。

(C)RIZIN FF

――試合後の率直な感想をお聞かせください。

「悔しいですね、負けてしまったので。あとは武田選手がタフで素晴らしい選手でした」


――対戦を終えて、相手の印象は違いましたか。

「想像通り、タフで強かったです」


――試合を終えたばかりですが今後の展望を教えて下さい。

「負けてしまったのでまだ先がわかりませんが、あれだけ強い相手を目の前にして、自分の中では逆にさらに強くなりたいと思いました。年齢的に来ていますがそういう思いもあるので、最後、また更にいけるところまで自分は挑戦したいです」


――有効打を当てているように見えましたが。

「いい攻撃も当ててる感触もありましたし、僅差の中でも自分がダメージを与えているというのはありました」


――判定ではご自身が勝ったという思いもありましたか?

「正直、どっちに転んでもおかしくないというのはありました。自分がダメージを与えているという手応えはあったんですけど、客観的に見て、僅差になるとは思っていました」


――相手の圧力の中で笑顔も見られましたが、試合中は楽しかったですか?

「タフな相手だったので、自分が当てている中でしっかり前に出てくるので、楽しかったというか自然に出て、そういう部分出てたのかもしれないですね」


――今後もRIZINで強い相手とやっていきたいですか?

「どこでというよりも、強い相手とやっていきたいです。今日負けてしまいましたけど、挑む機会があるなら強い相手に向かって行く日々ですね。本当に多くの方に支えていただいて充実した日々を送らせていただいたんで、自己満足な部分になってしまうんですけど、そういう相手を求めてやれるところまでやりたいっていうのが、負けてしまったばかりですけど、心の中で思っているので。わがままになってしまいますけど、続けたいなって」


――地元・名古屋のファンに向けて一言お願いします。

「名古屋で多くの方が応援に駆けつけてくれて、皆さん多くの方がサポートしてくださったので、そこは純粋に感謝しています。本当に感謝の思いで、チームメイトやコーチの方たちのおかげでここまで来れたので、、、すみません。感謝の思いでいっぱいです。そういう方たちのおかげで闘いを迎えたので、、、ここで泣いたらそういう人たちに悲しい思いをさせてしまうのですが、今は本当に感謝の気持ちでいっぱいです。笑顔で、いたかったんですが、自分の中でベストな形でできたと思いますので、そういう部分ですごく感謝しています。ありがとうございました」

(C)RIZIN FF

10回の閲覧
  • facebook
  • Twitter
  • Instagram

© 2020 Hexagon News

logo01.png