検索
  • newshexagon

【RIZIN】浜崎朱加試合前インタビュー「判定だと盛り上がらないと思うんで、しっかりぶっ倒しにいきます」

最終更新: 7月10日

3月19日(金)、21日(日)に名古屋 日本ガイシホールにて開催される「RIZIN.27」に出場する全選手のインタビューが、オンラインで行われた。メインの女子スーパーアトム級で、浅倉カンナと対戦する浜崎朱加がインタビューに答えた。


浜崎はメインイベントのRIZIN女子スーパーアトム級タイトルマッチで、挑戦者に浅倉カンナを迎え、防衛戦に挑む。両者は2018年大晦日の「RIZIN.17」の王座決定戦で対戦し、勝利した浜崎が王者になった。今回はリマッチで再度のタイトルマッチとなる。


――現在の心境はいかがですか?

「いよいよだなって感じでワクワクしています」


――対戦相手の印象はどうですか?

「レスリングベースで、打撃もできるオールラウンダーの印象が強いです」


――どのような試合展開になると予想していますか?

「わたしの方は一本、KOをしっかり狙っていくんで3R以内にしっかり、フィニッシュしにいきます」


――試合前のVTRでハングリーさをキーワードに上げていますが、今回の試合の決め手となるのはそのハングリーさの差ですか?

「それもあると思いますし、でも、それで多分浅倉選手も火が付いていると思うので、どんな試合になるのか自分でも楽しみです」


――約2年ぶりの再戦で、前回は2R後半での一本勝ちでしたが、今回変わるでしょうか?

「どのラウンドでっていうのは考えてないですけれど、3Rでも1Rでもしっかり極めにいきたいなとは思っています」


――勝利者賞にハーレーダビッドソンが進呈されることが決まりましたが、こちらについてどう思われましたか?

「普通に嬉しいです。1台、今バイク持っているんですけれど、大きいバイクもずっと欲しいと思っていたので、昨日、人から聞いてびっくりしました」


――ハーレーを手にしたらしてみたいことや、行ってみたいところはありますか?

「そんな大きなバイクに乗ったことがないのでとりあえず、ちょっと遠出はしてみたいですね。でもペットがいるので、一人になっちゃうんですけれど、寂しいなってかんじです」


――大型免許はお持ちですか?

「一応持っています」


――メインに決まってから、周りの女子の仲間たちから、どんな応援の言葉があったでしょうか。また、女子選手たちのためにどういうメッセージを伝えたいですか?

「メインであってもメインでなくてもあまり変わらず、頑張ってね、という言葉はかけていただきました。今回メインをやらせていただくので、しっかりメインとしての仕事を果たさなきゃなって思うのと、女子でもしっかり魅せる試合ができることを、試合で見せていければと思います」


――今月末に誕生日を迎えますが、フィジカルをずっと強化されていて、いまでも伸びしろの手応えを感じていますか?

「フィジカルに関して、ちゃんと始めたのが2年前くらいなので、長くなくて、フィジカルに関してもどんどん成長しているので、伸びしろ的にもまだ全然あるかなってかんじです」


――対戦したことのあるジン・ユ・フレイが先日、UFCで勝利を収めましたが、あの試合を見て何か感じることはありましたか?

「やっぱり戦ったことがある選手が、第一線で戦っているのは、いい刺激をもらってますし、今回勝てたので、わたしも嬉しかったです」


――煽りVTRの中で、“ついに作戦を考えるか”と言われていましたが、作戦はありますか?

「内緒です」


――“ジョシカク”という言葉が好きじゃないと言っていましたが、その意味をもう少し詳しく教えてください。

「“ジョシカク”っていうのが嫌いというか、それしか表現はないんですけれど(笑)。具体的に言うと、男女一緒に見て欲しいって意味で言ったかんじです」


――そういう意味で、歴代のメインイベンターたちがやってきたような試合内容を浜崎選手が見せるということでしょうか?

「もちろん判定だと盛り上がらないと思うんで、しっかりぶっ倒しにいきます」


――今回の試合は再戦ですが、勝敗を決めるのは?

「わたしもこれまで格闘技をやってきて、本当に強い人たちと戦ってきた自負があるので、今まで勝ってきた人たちの分も背負って、しっかりメインで戦いたいと思います」


――今回の試合内容次第では、大晦日のメインにも手を上げたいくらいの気持ちはありますか?

「そこはわたしが決めることじゃないんですけど、正直、普段は試合順はあまり意識していないですね。男子に負けないようなパフォーマンスを見せれば自ずとそうなると思うし、しっかり見せたいって思うのが一番です」

(C)RIZIN FF

34回の閲覧