検索
  • newshexagon

【RIZIN】浜崎朱加試合後インタビュー「次の世代に頑張ってほしいという気持ちもありつつ、負けたくないので、やるからには抜かれないように頑張りたいです」

3月21日(日)に、名古屋 日本ガイシホールにて「RIZIN.27」が開催され、メインの女子スーパーアトム級で、浜崎朱加が浅倉カンナと対戦し、2-1で僅差の判定勝ちで王座を防衛した。試合後に浜崎はインタビューに答えた。


「一本、KOをしっかり狙っていくんで3R以内にしっかり、フィニッシュしにいきます」と話していた浜崎に対し「強い相手なので厳しい試合になると思う。3Rギリギリで勝つイメージはある」と話していた浅倉。試合は浅倉の作戦通りに運ばれ、両者は接戦を繰り広げた。

(C)RIZIN FF

――試合後の率直な感想をお聞かせください。

「一本、KOを狙っていったんですけど、自分の思っていた試合展開ではなかったです。嬉しいというより悔しい気持ちのほうが大きいです」


――対戦を終えて、相手の印象は違いましたか。

「大会前に煽りましたが、最初に闘った時より一回りも二回りも、強くなっていました」


――今回「ジョシカク」というのが試合前にとりあげられたテーマだったと思いますが、今回の試合を終えて今後の女子格闘技についてどう感じましたか?

「浅倉カンナが二番手だと思います。浅倉選手はこれからもっともっと強くなると思うので未来は明るいと思います」


――試合を終えたばかりですが今後の展望を教えて下さい。

「悔しかったので、練習してもっともっと圧倒して勝てる強さを、見せていきたいと思っています」


――試合が終わった時点ではご自身では競っていたと思いましたか?

「判定になったからには、負けても不服はない。ダメージはあっちの方があるかなと思いました」


――浅倉選手の成長を感じたとおっしゃっていましたが、具体的にはどんな点ですか?

「全体的に成長していたのと、パラエストラの作戦がハマったと思いました。アームロックも含めて。何回も映像を見て自分のことを研究されてたんだなと感じました」


――試合を制したポイントはどこだと思いますか?

「意地もありますし。そこが一番ですね。試合の中で負けたくない、そこだと思います」


――リング上での勝利マイクでは「若手に頑張って欲しい」と話していましたが、ご自身もまだまだ?

「次の世代に頑張ってほしいという気持ちもすごいありつつ、負けたくないので、やるからには抜かれないように頑張りたいです」


――メインまでの試合は激闘が多かったです。メインを終えて感想をお聞かせ下さい。

「1Rでフィニッシュを狙ったんですけど、結果判定で。不甲斐ない気持ちもありつつ、カンナ選手の成長を素直に嬉しいですが、自分が、まだまだだなと思いました」


――勝利してハーレーが贈呈されたと思いますが、行きたい所、やりたいことなどありますか?

「遠出したことがないので、鎌倉とか海に行きたいです」


――思い描いていた試合のプランはどんなプランですか?

「作戦は立ててなくて、相手がすごく研究してて相手の作戦どおりに試合が進んだと思いました。3R判定狙ったと言っていたので。課題が残る試合だったと思いました」


――1Rに殴り合いを見せて気持ちを見せていましたが。

「打撃では結構勝ってたというか、KOを狙いすぎて力みすぎたのはあります」


――今後はどういうモチベーションを持っていきたいですか?

「今回の試合でモチベーション上がったっていうか、自分がまだまだだなと思ったんで、しっかり頑張らなきゃって思いました」


――浅倉選手と三度目の戦いも来い!という気持ちですか?

「本人にも言ったんですけど、もっと成長した浅倉選手とやってみたいと思っています」

(C)RIZIN FF

10回の閲覧