検索
  • newshexagon

【RIZIN】那須川天心試合後インタビュー 「武尊選手の存在はアニメに例えると、ナルトとサスケか悟空とベジータ。こっちはナルトで悟空」

最終更新: 1月6日

12月31日(木)、大晦日にさいたまスーパーアリーナで「RIZIN.26」が開催された。那須川天心はクマンドーイ・ペットジャルーンウィットと対戦し、3R(3-0)で判定勝ちした。那須川天心は試合後にインタビューに答えた。


――試合後の率直な感想をお聞かせください。

「勝てたって事が第一で、多少はホッとしてるのと、課題もまだまだたくさんあって、本当にクマンドーイ選手が強かったなっていう」


――対戦を終えて、相手の印象は違いましたか。

「いや強かったっすね 。今までやった中で一番、脚が硬かったっすね。スネが硬いってこういう事かって思いましたね」


――武尊選手も会場にいらしたと思うんですけど気付いてましたか?

「気付いてました」


――どの段階で気付いてましたか?天心選手が入場する前にモニターとかには映ってたんですけど、その時にもう気付いてましたか?

「気付いたっていうか、居たっすね」


――会場にいらしていたことについてはどう思いましたか?

「来てくれて嬉しいなっていうのはあって」


――武尊選手も「是非(1月の)試合を観に来て欲しい」っておっしゃっていました。

「本当ですか?予定がなければ全然行きたいです」


――試合を終えたばかりですが今後の展望を教えて下さい。

「今年も無事、どんな形であれ全勝できたっていうのは自分の中では良かったんじゃないかなって思うので、あとはもっとしっかりと調整しなきゃなっていう課題ですね。結構、急に決まったというのもありますし、もっと見つめ直して、期間長くやらなきゃだめだよっていうのは改めて感じましたけど、でもしっかり勝ててホッとしてます」


――武尊選手は改めてどんな存在ですか?

「うーん、どんな存在なんですかね、アニメに例えると、ナルトとサスケみたいじゃないかな。悟空とベジータとかじゃないすか。こっちはナルトで悟空」


――今年1年を振り返って、天心選手にとってどんな1年でしたか?

「なんだろ、対コロナというか戦おうとしてたなっていうのは僕の中で感じますし、コロナなんかに絶対負けないっていう、コロナっていう敵が結構厄介だったなっていうのはあるんですけど、これからも長い付き合いになると思うんですけど、それに向かって動きだせた1年だったんじゃないかなって思います」


――試合終わってなにが一番やりたいですか?

「いつもは神社とか行くんですけど、なかなか歩けないですね。僕、試合前に予定たてないんですよ。もしかしたら明日死ぬかもしれないのに、予定を立てれないんですよね。だから結構予定あいてるんですよね。寂しいですね。でも神社にはいきたいと思っています」

(C)RIZIN FF

18回の閲覧