検索
  • newshexagon

【RIZIN】榊原信行CEO 総括「オリジナルのストーリーで、5年の中で紡ぎ上げてきたRIZINの一つの句読点となる大会でした」

2015年さいたまスーパーアリーナで産声を上げて丸5年、5年でここまで来ました。オリジナルのストーリーで、5年の中で紡ぎ上げてきたRIZINの一つの句読点となる大会でしたが、選手達がよくここまで格闘技の魅力を具現化してくれたなと、今日出場してくれた全選手に感謝したいと思います。


そしてこの5年間、私個人としての人生を賭けたチャレンジでもありますけど、日本の格闘技界といったらおこがましいですが、復活を遂げていくためのチャレンジとして、日本でしか作れないものが格闘技のコンテンツの中にはあると絶対に信じてチャレンジしてきたものが形になった、そんな空間だったと思います。ある意味、感無量ですし、そこまで引き上げてくれ支えてくれたファンの皆様に感謝を伝えたいと思います。またコロナ禍の中で我々の競技を支えてくれたスポンサーの皆様に御礼を申し上げたいと思います。


それぞれの16試合にドラマがありましたし、勝った選手負けた選手、2021年の次の一手が、どの選手も見たいと思わせてくれる試合だったと思います。個人的には堀口、海の試合。2021年に向けてこのドラマが、これで1勝1敗ですよね、このドラマがまだ続くんだなと、プロモーター的に次に展開しやすい流れになったのではないかなと思います。

(C)RIZIN FF

13回の閲覧