検索
  • newshexagon

【RIZIN】萩原京平試合後インタビュー 「自分の階級のベルトが欲しいと思っているので、来年はそこに向かって練習も積み上げてかなアカンかなと思っていますね」

12月31日(木)、大晦日にさいたまスーパーアリーナで「RIZIN.26」が開催された。試合前に言動が注目されていたが地上波断念の萩原京平と平本蓮の対戦は2Rに萩原がTKO勝ちした。萩原は試合後にインタビューに答えた。


――試合後の率直な感想をお聞かせください。

「疲れました。普段やらへんことやったんで、むちゃくちゃ体力使いましたね」


――RIZIN4連戦目でしたが、身体にダメージが蓄積されたりしていないですか?

「連戦でのダメージは全然ないですね」


――今回、裏メインと言われるくらい注目されている試合でしたけど、それについてはどう思いますか?

「自分の中ではこの試合がメインだと思っていたので、この試合も絶対盛り上がるし、期待値もすごくでかかったし、やっぱり周りが騒いでくれているぶん、自分でモチベーションも上がってましたね」


――会見の時に「マウント取ってボッコボコに」と言っていましたが、それに近い形で試合が終わりましたが、作戦通りでしたか?

「試合が決まったときから、そのパターンでKOするというのは決めていたんで、記者会見の時からどういう攻撃するかを平本くんに教えたんですが、やっぱりこっちの準備していたもののほうが強かったってことですよね」


――対戦を終えて、相手の印象は違いましたか?

「打撃も、僕のパンチも何発か入っていたので、想像していたより大したことなかったですね」


――試合を終えたばかりですが今後の展望を教えて下さい。

「来年、自分の階級のベルトが欲しいなと思っているので、来年はそこに向かって練習も積み上げてかなアカンかなと思っていますね」


――平本選手がどんな試合をしてくると想定して対策を練っていましたか?

「向こうも打撃の選手なんで、間違いなく打撃の勝負をしてくるやろうなと思ってたんで、こっちは打撃と組技、両方混ぜて戦うという作戦どおりですね」


――テイクダウンは作戦通りでしたか?

「組み力はぜったい僕の方が強いと前から分かっていたので、そこを重点的に攻めて、チャンスがあれば立ち技で決められたらいいなと思っていました」


――粘り強いテイクダウンからバック、(CARPE DIEMの)岩崎正寛さんから伝授された四の字ロックなどが出ていましたが、平本選手が返してきたことや、意外だったことはありましたか?

「意外やったことはないですね。何回か立たれることも想定内で練習してきていたので。ホンマに岩崎さんと練習したことが全部出た、岩崎さんの作戦が全部はまったかんじです」


――自分でテイクダウンにいく姿はいままでのRIZINでは見せてきませんでした。これも練習してきたことでしょうか?

「すべてが練習通りです。これからはそういうテイクダウンも混ぜていって、MMAファイターとして成長できた戦いを見せられたらと思うので、僕が一本取るところも、今後楽しみにしていてください」


――平本選手にメッセージはありますか?

「特に無いですね。頑張れよと」

(C)RIZIN FF

31回の閲覧