検索
  • newshexagon

【RIZIN】堀口恭司 群馬県知事のウェブ番組に出演 「大変と思うから大変なのかなと。焦りは全くなかったです」

1月27日(水)RIZINバンタム級王者で群馬県高崎市出身の堀口恭司が、山本一太・群馬県知事のウェブ番組「直滑降ストリーム」に出演し、群馬県知事と対談した。


山本知事は「格闘技ファンでRIZINも見ている」と話し、かなり熱くMMAや堀口について

説明した。


山本知事は堀口の右膝前十字靭帯断裂と半月板損傷のケガについても触れ「大変なけがじゃないですか」と問うと堀口は、いつものように「大変と思うから大変なのかなと」と返した。また復帰戦へ向けて「焦りは全くなかった」と話す堀口の言葉に「本当に自然体だ」と驚いた様子を見せた。


対談は日米のMMAの練習環境の話にもおよび、堀口はアメリカ・ATTでの練習の考え方について「アメリカは技術がすべてで精神論は無い。頑張ることは当たり前で、技術を増やせば勝てるという考え。喧嘩の考え方では、いまのMMAは勝てない」と日米の違いについて分析し説明した。


動画では群馬県の番組らしく、群馬県人の気質やスピリットについても話されており、さらには堀口の趣味の釣りや『鬼滅の刃』についてまで、通常30分の収録時間を、45分間に拡大してたっぷり語り合われている。


(C)山本一太


9回の閲覧