検索
  • newshexagon

【RIZIN】平本蓮 「RIZIN.26試合後インタビュー」をYouTubeにアップ「誰に何を言われても自分を曲げることはない。それでいいと思っています」

大晦日の「RIZIN.26」で萩原京平と戦いTKO負けを喫した平本蓮が、自身のYouTubeチャンネルで試合後インタビューをアップした。試合後のインタビューに姿を見せなかった平本は「負けてないから敗者インタビューしないんだよ。これがプロフェッショナルだわって感じですよ。リングの上であん時はうわ・・・マジでやっちまったなっていう気持ちが強かったんですけど技術も気持ちも勉強になったんで、負けじゃなくて成長っす。不死身っす。不死身」と前向きに話した。


平本は練習の拠点を今後アメリカに移そうと考えており、その理由を「日本の練習環境は完璧だった。でも自分の得意な武器を相対的に見てくれる人が欲しいなって。組み技だけ、打撃だけじゃなくてトータルなコーチがいてくれたほうがいい」と明かした。平本は自分の直感は常に正しいと思っていて、アメリカに行こうと思っているこの選択に間違いない気がするという。


そして2021年の抱負を「練習するだけ。2021年は努力の年にする」と宣言した。


また、平本はいまはすごく前向きだと言っており、朝起きて「俺ってメンタル強いんだなって自分で気付いたっす」と笑った。「見えないものの奴隷、心の奴隷にはなりたくない。誰に何を言われても自分を曲げることはない。俺は絶対自分を曲げる事はないし、それでいいと思っています」と自分を貫いていると強調した。


平本はこの動画で「元気だ」「俺は腐ってねえぞ!」ということを伝えたかったという。

(C)RIZIN FF


10回の閲覧