検索
  • newshexagon

クレベル入場曲のラッパーがUFCブラジルでベストバウト5選~1位はペドロ・ヒーゾ vs. ランディ・クートゥア

クレベル・コイケの入場曲『Já Posso Suportar』(ジャ ポッソ スポルタール)のラッパーPregador Luo(プレガドール・ルオ)はMMAの世界で一種のインスピレーションを与えるミューズと言われているラッパーで、MMAと深い関わりを持っている。ルオはUFC ブラジルのサイトでベストバウトを5つ選んでいる。


5位、マウリシオ・ショーグン vs.ダン・ヘンダーソン(UFC 139)

二人の間の最初の戦いは感動的でした。優れたレベルで活躍した2人は偉大なベテラン。良い動き、グラウンドでの攻防、そして非常に激しい打撃でしたが、試合は判定決着でした。勝利したヘンダーソンはUFCに再戦をお願いしました。この戦いは、王者のジョン・ジョーンズと対戦するチャンスがあった両者にとって重要でした。2回目の試合で、ヘンダーソンはTKOでショーグンを破りました。この勝利で、彼はベルトのために戦うという夢に非常に近づきましたが、すぐにダニエル・コーミエによって敗北したダンは、待望のチャンスがダニエルの手に渡るのを見ました。


4位、ヴァンダレイ・シウバ vs.ランペイジ・ジャクソン(PRIDE)

これらはMMAの歴史の中で最も圧倒的な2つの試合でした。ヴァンダレイは「PRIDEの王」であり、ランペイジは素晴らしい戦いをしていました。最初の試合では、ヴァンダレイは1RでランペイジをKOしました。2度目の対戦では、戦いは激しく、ジャクソンは何度かヴァンダレイを脅かしました。それに続いて、ヴァンダレイのヒザ攻撃が続きました。そしてKOし、このようにして、ヴァンダレイの持つ王座を獲得するというランペイジの夢は終わりました。


3位、マウリシオ・ショーグン vs. ジョン・ジョーンズ(UFC 128)

手術を受けたショーグンの帰還や、ヒジやヒザで対戦相手を全滅させていた新たな「現象」への期待も大きかったです。この戦いの重要性は途方もないものでした。ショーグンが勝った場合、彼はUFCでブラジルの力を維持するでしょう。ジョーンズにとって、不安は新時代をアメリカ人が始めることができるかでしたが、ご存知のように、常に試合をドミネイトし、ショーグンをKOした後、彼は王者になり、すべての防衛戦で最も印象的でアクティブなファイターであり続けています。


2位、ミノタウロ・ノゲイラ vs.ボブ・サップ(Dynamite!)

二人がリングに足を踏み入れたとき、何かシュールなことが起こるように感じました。柔術のトレーニングを非常に積んできているミノタウロは、並外れた強さを持ち、自分よりさらに大きなファイターに直面していました。二人が戦いを始めるために近づくにつれて、身長とウェイトの違いはさらに驚異的になりました。ボブ・サップがミノタウロを攻撃し、戦いは長いラウンドを続けました。これは映画ではなく、混雑したアリーナの前で限界まで戦っていたのは人間でした。ミノタウロはすでに非常に傷ついていて、最も楽観的な人だけが彼が有利だと信じていました。サップがミノタウロに打撃の攻撃をすることににうんざりしているときに、ミノタウロが腕ひしぎ十字固めをかけることができたとき、神話の物語の英雄のようにサップに勝ちました。刺激的で忘れられない!


1位、ペドロ・ヒーゾ vs. ランディ・クートゥア(UFC 31)

それは息をのむような戦いでした。ランディは、グラウンドで圧力をかけ、ヒーゾを攻撃することから始めました。しかし、ゲームは変わり、ヒーゾはランディを支配するようになりました。この最初の戦いで印象的なのは、両方が非常に多くの激しい打撃の後も、さらに戦い続けたことです。ブラジルをトップに近づける激しい戦い!ペドロが勝った場合、彼は王者になり、ブラジルMMAを1位に戻します。ペドロとランディの最初の試合は、ランディの判定勝利で終わりました。ランディ自身を驚かせ、ペドロ・ヒーゾだけでなく、判定に疑問を持ったブラジルや世界のファンも失望させたという事実です。TKOでクートゥアが勝利した2回目の試合もありました。

(C)IstoÉ ,Pregador Luo

25回の閲覧