検索
  • newshexagon

クレベル入場曲のラッパーがUFCブラジルでベストバウト5選

クレベル・コイケの入場曲『Já Posso Suportar』(ジャ ポッソ スポルタール)のラッパーPregador Luo(プレガドール・ルオ)はMMAの世界で一種のインスピレーションを与えるミューズと言われているラッパーで、MMAと深い関わりを持っている。


ルオはUFC ブラジルのサイトでベストバウトを5つ選んでおり「MMAが私たちに与えてくれた非常に多くの壮大な戦いから5つの戦いを選ぶのは非常に難しい。しかし、間違いなく、最高の決闘と素晴らしいクラッシックな戦いは、UFCで行われていた。ブロック・レスナーのような、一般大衆からより多くの注目を集めた大ヒット作のような戦いであろうと、ジョルジュ・サンピエールの戦術的な戦いであろうとね。また、現代MMAが始まり、古典的な対立を経験したよね。ホイス・グレイシーは、柔術を完璧な効率で使用して、彼よりもはるかに大きな挑戦者に勝ったね。わたしは自分の選択の基準を採用することにした。それは単に美しいノックアウトではなく、より多くの聴衆と戦うこと。わたしは試合がどのように起こったのかについても固執した」と選ぶ作業は簡単ではなかったが、自分なりの基準で選んだとコメントしている。

(C)IstoÉ ,Pregador Luo

8回の閲覧