検索
  • newshexagon

【PFL】米ラッパー、ウィズ・カリファがワールドクラスオーナーシップグループに参加

4月22日、PFLはマルチプラチナ認定、グラミー賞、ゴールデングローブ賞にノミネートされたアーティスト・ウィズ・カリファがPFL MMAブランド、音楽、コンテンツアドバイザーを務めることを発表した。カリファはPFLに投資し成長を続ける上で、積極的な役割を果たすことになるという。


カリファは顧問として、音楽やコンテンツの作成からMMAライフスタイルアパレルまで、ポップカルチャーのさまざまな要素を統合することでPFLと協力する。 PFLは、レギュラーシーズン、プレーオフ、チャンピオンシップイベントを通じてカリファの音楽を取り入れ、ファンのためにオリジナルのMMAコンテンツを共同制作する。


カリファは「わたしはPFLと力を合わせることをとても誇りに思っています。わたしは何年もMMAのトレーニングを行っており、MMAの最大のファンでもあります。自分の専門知識とビジョンをスポーツに取り入れることは非常にエキサイティングであり、4月23日の開幕戦にアクションが開始されるのを待ちきれません」とコメントしている。


PFL CEOのピーター・マレーは「ウィズ・カリファをPFLのオーナーシップグループに迎え、才能あふれる世界的な音楽とカルチャーアイコンと提携できることを嬉しく思います。カリファは、PFLブランドを形作り、増幅し、世界中の5億5000万人のファンとどのように共鳴するかについて、積極的な役割を果たします」と述べている。


待望のPFLの2021年シーズンは、4月23日に開幕。残りのレギュラーシーズンのイベントは、4月29日、5月6日、6月10日、6月17日、6月25日に開催される。

(C)PFL

6回の閲覧