検索
  • newshexagon

【ONE】期待の19歳、朝陽 P.K. センチャイムエタイジムが ONEと契約「立ち技初めての日本人世界王者になれるように頑張ります」

ONE Championship(以下、ONE)が、WBCムエタイ世界スーパーバンタム級王者の朝陽P.K.センチャイムエタイジム(品川 朝陽)と契約を結んだと発表した。

朝陽は、19歳の若さながら、既にWBCムエタイ世界スーパーバンタム級、ムエサイアム・イサーンバンタム級、ルンピニースタジアム認定スーパーバンタム級、MA日本フライ級など複数のベルトを獲得している日本のムエタイ界、期待の新星。2019年9月の「Road to ONE: CENTURY」に参戦し、薩摩3373を左フック一撃により、KO勝利をおさめた。続いて2020年9月の、”勝ったらONEと契約” を懸けた、「Road to ONE:3rd TOKYO FIGHT NIGHT」では、KING 強介を判定3-0で下しONEスーパーシリーズへの参戦を手に入れた。ONEにはどんどん世界の立ち技のトップファイターが集まってきており、朝陽の挑戦に期待が集まる。


■朝陽 P.K.センチャイムエタイジム コメント

「ONEスーパーシリーズのストロー級に参戦することになったWBCムエタイ世界スーパーバンタム級王者の朝陽P.K.センチャイムエタイジムです。Road to ONEに2回参戦して、ONE本戦で戦うことをずっと望んでいたので、契約できて嬉しいです。契約ができても、勝っていかないと意味がないと思っているので、ここから勝ち進んで、立ち技初めての日本人世界王者になれるように頑張ります。応援よろしくお願いします」


■ONEチャンピオンシップ代表取締役社長 秦アンディ英之 コメント

「この度は、朝陽選手がONEスーパーシリーズの参戦となりました。若くて、世界に羽ばたく選手として、大いに歓迎します。ONEのスーパーシリーズは、立ち技の世界トップ選手達が集い、今では世界の最高峰です。これから厳しい環境の中での挑戦になりますが、今までの経験に加えて、これから更なる飛躍を期待し、日本人の世界王者になることを期待しております。引き続き、応援を宜しくお願い致します」

(C)ONE Championship

4回の閲覧
  • facebook
  • Twitter
  • Instagram

© 2020 Hexagon News

logo01.png