検索
  • newshexagon

【ONE】「ONE on TNT II」上久保周哉 試合前コメント「自分は勝って何かをしたいというより、技術を追求する過程の中で試合をしているという感じです」=4月15日

最終更新: 4月19日

4月15日(木)シンガポール・インドアスタジアムにて、米国のゴールデンタイムに4週連続で放送するONE on TNTシリーズ第2弾の「ONE on TNT II」が開催される。バンタム級で上久保周哉が登場し、ミチェル・チャマールと対戦する。当初トロイ・ウォーセンとの対戦が発表されていたが、対戦相手が変更になった。試合に先がけ主催者より上久保のコメントが届いた。上久保のMMA戦績は11勝1敗1分。2018年7月にONEに参戦してから4連勝しており、前戦は2019年11月のブルーノ・プッチ戦で判定勝ち。約1年5カ月ぶりの試合に挑む。


――コロナ禍でのシンガポール大会は今回が初めてですよね。ホテルでの生活、試合に向けての調子はいかがですか?

「ホテルでの生活は、試合に向けてのスケジュールが決まっているので過ごしやすくはあります。外の空気を感じる機会が少ないのは残念かなというくらいで。調子は、当日ケージに入ってみてみないと分からないですね」

――この試合に向けてトレーニングはどう過ごしてきましたか?

「特別変わったことはしていません。いつも通り。相手のためにっていうより、自分が強くなるための時間を過ごしてきました」

――対戦相手が変わった時の気持ちについて、お聞かせいただけますか?

「正直言って残念な気持ちでした。トロイは自分の立ち位置と実力を知る上で基準となる選手でしたし、とても強い選手なので楽しみにしていました。また、彼がリネカーと試合すると聞いて嫉妬の気持ちも強かったです。僕もリネカーと試合する機会があるならやりたかったので彼は当たりを引いたなと思っています」


――直前の対戦相手の変更に、どのように対応していますか?

「モチベーションの整理には、それほど時間が掛からなかったので、これまで通り、変わらずコンディションの調整をしています」

――新しい相手の印象はいかがですか?

「試合の印象は、映像がほとんどなかったので何とも言えません。チラッと挨拶した感じ、人は良さそうでしたし、髭がすごかったです」

――相手が変わったことは、どんな影響がありますか?

「特に何もありません。自分のやるべき事を正しく丁寧に積み重ねていきます。今までもそうでしたし、これからも同じように地道に積み重ねていくつもりです」

――2015年から6年間、負けなしできています。どのようにして連勝をキープしていますか?

「一生懸命に、基本的なことをセオリーに沿って、正しくやり続けることですね」

――上久保選手にとっての戦う理由、モチベーションは何でしょうか?

「何のために戦うのかって言うのは、常々自分に問いかけて日々過ごしています。技術を追求して強くなるっていうことに関して、試合というプロセスは必ず踏まないと、と思っています。試合をすることで確実に、ただ練習を積み重ねるよりも大きくステップアップする事ができて、自分のやって来ている技術練習の正しさを理解する事ができる。自分は勝って何かをしたいというより、技術を追求する過程の中で試合をしているという感じです」

――今回の大会は、アメリカ向けの大会でもあります。これまでよりも多くの人に観てもらえる機会が増したというのは嬉しいですか?

「大きくモチベーションが変わることはないですが、本場の国の人たちに試合を見てもらえる機会っていうのは改めて考えると嬉しいですね」


■「ONE on TNT」の視聴方法

4月15日(木)午前9時30分(日本時間)より、以下の方法で大会の録画配信予定。

· ABEMA 格闘チャンネル(日本語解説)

· ONE公式アプリ(英語解説):

· AppStore: https://apps.apple.com/app/one-championship/id1351178131?_branch_match_id=832870933189111224

· Google Play Store: https://play.google.com/store/apps/details?id=com.onefc.android.app&_branch_match_id=832870933189111224

(C)ONE Championship


15回の閲覧