検索
  • newshexagon

三浦彩佳、再起戦で一本勝ち=5月15日「ONE:DANGAL」

5月15日(土)に録画配信された「ONE:DANGAL」の58.25㎏契約試合で、三浦彩佳がブラジルのハヤネ・バストスと対戦した。柔道ベースの三浦は2019年2.22にONE初参戦し、全てアメリカーナでの一本勝ちで3連勝するも、2020年2.28ティファニー・テオにTKO負けを喫した。現在三浦は女子ストロー級4位だが、今回はストロー級リミット56.7kgより重い58.25㎏契約で行われる。対するバストスはブラジル・パラー州カスタニャウと呼ばれるアマゾンの熱帯雨林の町の出身。空手のインストラクターだった父親に空手を習い、ブラジリアン柔術のトレーニングも始めた。バストスは空手のトーナメントで優勝し、ブラジリアン柔術の州大会も5度制覇した。そしてMMAに挑戦することを決め、ブラジルのMMA大会で戦い、19年12月にONEに初参戦しソヴァナリィ・エムと対戦。ギロチンチョークで1R一本勝ちしている。戦績は4勝0敗1分とまだ負けがない。


今回再起戦である三浦は、1Rに得意の投げでテイクダウンすると、袈裟固めへ。しかしバストスがスタンドの戦いに戻る。さらに、三浦が投げいつもの袈裟固めからのアームロックを狙い続け、ついに得意技で一本勝ちを飾った。三浦は試合前のインタビューで「かっこよくほえたい気持ちがあるので、泣かないように頑張ります」と泣き虫キャラを返上したいと語っていたが、今回は宣言どおりかっこよく吠えたたのち、涙を流した。

(C)ONE Championship


4回の閲覧