検索
  • newshexagon

【ONE】平田樹ロングインタビューⅢ「格闘技って男の人のイメージがある。女子の選手でこうやって戦って、かっこいい姿を見せるってところは女子格闘技の一番魅力的なところ」

2.22 東京 TSUTAYA O-EASTで開催された「Road to ONE04 Young Guns」のメインで、平田樹が中村未来にTKO勝ちをおさめた。その2日後に、5月28日に開幕するONE女子アトム級GP出場が発表された。GPの参戦に先立ち、オンラインの囲みインタビューが行われ、平田はGPへの思いを話した。


――メイ選手はランカーですが、ご自分が選ばれて驚きましたか?

「そうですね。1つの国で1人になのも知らなくて、自分だけが選ばれてました。この間の「Road to ONE Young Guns」のように、若い者がどんどん上に行く時代だと思うので、突っ走っていきたいです」

――日本代表という気持ちはありますか?

「そうですね。みんなそう言ってくれるんで。プレッシャーというか、日本で一人しか選ばれないのはすごいことなんで、自信になるというか、みんなが応援してくれるので力になります」

――「メイ選手が選ばれた方が良かった」と言われないようにしないとですね。

「そうですね。でも、前回のONEもですけど、今まで自分はいい試合をしてると思うので、必ず盛り上げるじゃないけど、自分の役目は果たすので、そこは絶対言わせないようにします」


――1回戦で戦いたい選手はいますか?

「いや特に。みんな強いんで。ここで勝って上に行きたいってだけなので、誰でも大丈夫です」


――GPの試合展開は、判定でも、いつものパターンでもなにがなんでも勝ちたいのか、と新しい自分を見せて勝ちたいか、どちらの気持ちが強いですか?

「GPはみんな強く、勝ちたい気持ちが大きいんで、こだわりすぎない試合をしたいと思っています。判定は嫌ですけど、やっぱそこは1本かKOで極めて勝ちたいです」


――GPについて、プレッシャーとイケイケ感、どちらの気持ちが強いですか?

「今回はイケイケ感のほうが。プレッシャーは毎回特にそんなに感じないんで。あと、初のシンガポールなんでけっこう楽しみです」


――優勝できる自信は何パーセントくらいだと考えていますか?

「自信はちょっとあります。強い選手と試合して、勝って上に行きたいっていうのが一番強いです」


――ほかの優勝候補はどの選手だと思いますか?

「格闘技はなにがあるかわからないで、みんな優勝候補だと思っています」


――平田選手から見た女子格闘技の魅力はなんでしょうか?

「格闘技って男の人のイメージがあるんですけど、女子の選手でこうやって戦って、かっこいい姿を見せるってところは一番魅力的で、普段とは全然違う自分になれるところも好きです。格闘技を好きでやっているってところも、一般の女性からかっこいいって言われて、結構好きなのでそこは魅力があるなと」


(C)ONE Championship

15回の閲覧
  • facebook
  • Twitter
  • Instagram

© 2020 Hexagon News

logo01.png