検索
  • newshexagon

【ONE】平田樹ロングインタビューⅡ「おとなしい試合よりかは、激しくぶつかり合う試合をしたくて、自分の気持ちの強さを見てもらいたいです」

2.22 東京 TSUTAYA O-EASTで開催された「Road to ONE04 Young Guns」のメインで、平田樹が中村未来にTKO勝ちをおさめた。その2日後に、5月28日に開幕するONE女子アトム級GP出場が発表された。日本人してただ一人GPに出場する、平田の囲みインタビューが行われた。


――GPが決まった瞬間の気持ちは?

「嬉しい気持ちのほうが大きかったです。やっと決まったと思い、やっと開催されるんだという気持ちでした」


――GPの出場メンバーを見てどう思いましたか?

「試合の次の日に出場が決まって、あー休みだという感覚よりは、すぐに気持ちを切り替えました。このメンバーは結構注目を浴びるんじゃないかなと思いました。メン・ボー選手にやっぱ興味があって、ずっと最近やりたいと言っていました。打撃も気持ちも強くて、自分がそういう選手と戦うとどうなるんだろうと、やってみたいと思っています。自分が一番下で、這い上がるだけなんで、どれだけ自分がガムシャラに頑張れるか、自分を試す機会かなと思います」 ――優勝へのキーポイントはなんでしょう?

「打撃もそうですけど、柔道だけにこだわらないで、レスリングもグラップリングもやって、全てをバランスよくやる選手はなかなかいないんで、キーかなと思います」


――日本でも注目を浴びているハム・ソヒ選手の印象は?

「RIZINでの浜崎(朱加)さんとのタイトルマッチが日本の人に一番印象強いんじゃないかなと。ROAD FCの話は全然出てこなかったので、RIZINでのタイトルマッチの強い印象があるのかなと思います。ハム・ソヒさんは強いと思いますし、どう強いのかすごい気になって。韓国の人たちはメンタルも強いと思うので、どういう人なのか気になります」


――元RIZIN王者のハム・ソヒ選手の参戦で、日本のファンは比較がしやすくなると思います。女子軽量級はONEが強いということを見せたいですか?

「そうですね。日本の団体のチャンピオンがONEにきたのも大きな話題になったので、もしハム・ソヒ選手が一回戦で負けたら、ONEが強いと証明できると思うし、もし、自分が対戦するチャンスがあって、いい勝負ができたら、海外で戦っている選手のほうがって見せつけられるとちょっと思いますね」


――GPに向けて特に取り組んでいくことを教えてください。

「レスリングの練習と打撃の練習は続けていきたいと思っています。四つで組めないときの対策はしたいと思います」


――次の試合で見てもらいたい点は?

「自分のファンは海外の人が多いんで、おとなしい試合よりかは、激しくぶつかり合う試合をしたくて、自分の気持ちの強さを見てもらいたいです」

――メン・ボー選手やハム・ソヒ選手の打撃は強いイメージがありますか?

「あります。トップ選手なんで。その辺の女子格闘家と違うパンチ力を持っていると自分的には思うので、普段の練習から殴られ慣れる必要があると思います」

――GPのメンバーに選ばれるかもしれないという話はいつ頃からありましたか?

「今年入ってからぐらいです。何人なのか、コロナの関係でいつやるかもわからなくて、選ばれなかったらどうしようと思いました。同じ階級にメイさん(V.V Mei)がいるので、キャリア的にメイさんが選ばれるのかなと思っていたら、自分が選ばれたので、嬉しいです」


(C)ONE Championship

9回の閲覧
  • facebook
  • Twitter
  • Instagram

© 2020 Hexagon News

logo01.png